2014/6/3 入梅間近 

右膝半月板の痛みは嘘のように消えた。
走ってみよう、と朝3キロほど夙川公園を流す。
全治1週間の打撲だったみたい。
10日ほど走ってなかったので花が初夏から梅雨のラインアップに移り変わっていた。
紫陽花やランタナが咲き始めた。
夙川ぞいのレンゲツツジが満開だ。 

   


季節が進むほど白からピンク、ピンクから黄色、黄色から赤、と主題となる色が変わる。
早春や春はパステルが主流、カンナやアマリリスみたいにどドぎつい赤は似合わない。
臨港線の夾竹桃(キョウチクトウ)も紅い花をぽつぽつと咲かせていた。
キョウチクトウを見ると夏休みの市営プールを思い出す。
盛夏のイメージがある花だが花期は長い。
今頃から咲き始めて10月くらいまでずっと咲いている。
同じ夏の花であるサルスベリ百日紅と書くくらいに花期は長いがキョウチクトウほど長くない。

  


3キロとタバタメソッドの筋トレをやってみた。
これくらいなら毎日でも続けられるだろう。
飽きなければ、ね。


…先週のトライアスロンワールドシリーズのロンドン大会、稀に見る激戦がフィニッシュの一枚の写真でわかる。
   


前回の横浜でゴメスにラスト150mで差されたスペインのマリオ・モーラが初優勝、横浜の雪辱を果たしました。
これ生中継で見たかった。
これってオリンピックディスタンスの半分、スプリントなんですね。
ゴメスは着外に沈み、ビッグ3のうち最高位はブラウンリー兄弟の弟ジョナサンの4位でした。
女子は横浜の覇者ジョーゲンセンが連覇。
一度、生でレースを見るとトライアスロンは魅力的なスポーツだと思う。


…夜は西宮食堂で独食。
なんだか今夜も高カロリー。
豚カツと豚汁は余計でした。
一応、カレーは夏野菜カレーにしてますが…。
      


ヒロは中学時代の友人たちと珍しくジャズのライブへ行って来た。
ニューヨークで活躍するベーシストの北川潔が同じ中学の同級生なのだ。
演奏は素晴らしかったが会場のミスター・ケリーズの居心地が最悪だったらしい。


フェイスブック等でさんざんシェアされたであろう動画を自分が見つけたみたいにシェアする。
エジプトの卓球選手の動画です。
先月の世界卓球選手権東京大会に招待されて来日してたそうだ。


この人が「卓球をやろう」と決意したことに心動かされる。
   


決意すること。
スタートラインに立つこと。
それだけで人は勇者なのだ、と誰かが言ってた。
ある意味、それだけで半分仕事は済んでいる。
自分は恵まれていない、あるいは不当な扱いを受けている、
と思いに囚われたときはイブラヒムを見よう。


でもサーブはどうするんだろ?
そう、サーブだって打てるのです。