2014/7/25 淡路島ロケハン行(未)

猛暑日が続く。
夏が暑いのは正しいのだ。
嘆くことではないが、暑いとボヤくのは許して欲しい。
ああ、暑!


16日後に番組収録がある。
淡路島へロケハンに行く。
せっかくだから移動手段は電車&ブロンプトン
暑さを見くびっていた。
炎天下を走るといくら水分補給しても足りない。
塩分が失われたせいか薬指と小指がつる。
危ない危ない。


   



昼過ぎにロケハン終了、仕事も強制終了。
脱水で右手の薬指と小指がつる。
ブロンプトンできれいなロケーションを何ヶ所かチェックした。
関西でも淡路島まで来ると海が汚れてない。
ごほうびは岩屋サンビーチの海の家で焼きそばと缶ビール。
地元のおばあちゃん4人くらいでやっている一軒だけの海の家。
葦の日よけが縞模様の影を落とす。
吉田拓郎の古い歌をくちずさむ。


 浜日傘ゆらゆら
 すらりとのびた長い脚
 蒼い夏が駆けてゆく
 ぼくは昼寝を口実に
 泳げないのを幸いに
 女の子ってやっぱりいいな    (「蒼い夏」作詞 岡本おさみ


   


行動メモ:
阪神山陽電車で電鉄明石へ。
きょうが土曜日だと勘違いしていたが平日、ラッシュアワーに遭う。
満員電車にブロンプトンを持ち込むのは難儀なので三宮までは鈍行にする。
三宮から姫路方面は空いていた。
電鉄明石で降車、明石港まで走り、ジェノバラインで岩屋へ向かう。
人間500円、自転車220円。
ブロンプトンは去年小豆島へ渡ったが淡路島は初上陸。
   


岩屋の船着き場からブロで5分くらいのところにあるバイカーズ・カフェ「チルコロ」さん。
トライアスリートでもあるオーナーにロケーションのアドバイスをもらいました。
仕事関係なく来たいなあ。
   


真夏は無理だけど初夏や秋は気持ち良さそうなオープンテラス。
   


海そのものがインテリアです。
店には平蔵くんという名前のイヌ店長がいました。
   


海、きれいです。
   


国営明石海峡公園内のいまは使われていない道。
夏雲と廃道。
   


青い海を背負って走るシーンが撮れます。
   



4時過ぎに帰宅。
天気がいいのでぬいぐるみのクリーニングをする。
お風呂に入ったのはしまふくろうの“ ホウ ”くんです。
北海道の手作りぬいぐるみ「やまね工房」で推定1994年の冬に購入した。
もう20年も前だ。
埃をかぶって黒くなってた。
   


近所のスーパーで境港の白いかを売ってた。
しかも一ぱい580円と激安!
当然、いかそうめんにした。