2014/8/10 嵐の顛末 (未)

朝、寝床で目ざめたのは4時過ぎ。
外は明るく、風の音も、雨の音もしない。
もしかして通り過ぎた?
そう期待してテレビをつけると…台風はいまだ四国の南海上にいた。
通り過ぎるどころかまだ上陸もしてなかったのだ。
午前6時過ぎ、高知県安芸市に上陸。
時速は20キロとマラソンランナー並だ。
40キロ進むのに2時間近くかかる。
昼頃に近畿直撃。
武庫川の水位があがり西宮市内にも避難勧告が出ている。
自分のロケ史上最悪のケースか…。


台風は徳島、淡路島を蹂躙して、時速20キロのまま11時前に赤穂に再上陸、兵庫県を縦断するコースをとる。
ロケの拠点となる淡路島のカフェから連絡があり、店が浸水したという。
台風、スーパームーン、スーパー大潮、高潮警報…!
昼1時を過ぎても大阪は風雨が強い。あえて見切り発車で淡路島へ出発を決断する。
明石海峡大橋は通行止め!
どうなるオレ!