2014/9/5 十年前

ブランクはちょうど一週間。
中7日でふたたび走り始める。
ひざ痛は無い。
そもそもひざの痛みではなかった。
昨日は中之島を7キロ弱。
今朝は近所の夙川沿いを走る。
蒸し暑い。
走り始めてすぐに汗が噴き出す。
何もかもが嫌になるほどの不快指数。
心が折れて3キロ弱でやめる。
数日前は秋の気配がしたのに。
まあ、ゆるゆるといきましょう。


夙川がひどく濁っていた。
上流の六甲山でかなり雨が降ったようだ。 

   


走りながら思い出すことがあった。
10年前、僕はアテネ五輪から帰国して数日後に高血糖で入院した。
その年、2004年の9月ほぼ一ヶ月病院暮らしだった。
入院中、何度も地震があり、台風で阪神地方にも塩害があった。
今日走った夙川の桜並木も被害を受けたのではなかったか。
ことしの9月もこのままでいくと10年前と同様の天候不順の月になりそう。
2004年9月4日の日記をコピペしてみよう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入院6日目 2004/9/4 (県立西宮病院1110)


入院6日目。
午前8:25 前から痛んでいる右奥上の歯茎がちょっと腫れている。
今朝の血糖値は260くらいだった。寝る前が300台だったから減っていないのだ。
これでは当分は退院出来ない。長期戦で挑むしかない。


変な夢を見る。眠りは浅いのだろう。こんなに睡眠時間が多いのだ。
ロシアの北オセチア共和国での学校占拠事件は特殊部隊の突入で鎮圧された。
バスケットボールのコート一つ分にすし詰めにされた子供や親、犠牲者は300人以上とも言う。
最悪の事件。
アテネで起きる可能性はなかったのだろうか?
今日は土曜日、検査はない。
ただ安静にして入るのみの仕事。
バアバアらが見舞いに来る予定。


…午後6:30 夕食を終える。歯茎の腫れが引かないので固いキャベツの炒め物とかが噛み難い。
バアバアとジイジイは午前中に見舞いに来てくれた。
昼ご飯を食べて「模倣犯」を読んでいると眠くなる。2時半頃に起きると吉田が来たという置き手紙が残してあった。
「眠っているので失礼します」とのこと。
3時頃から外出する。
札場筋のセヴンイレヴンが一番近いコンビニのようだ。
味付け海苔とテーブル胡椒、のりたま、漫画「三丁目の夕日」を買う。
エビスタの本屋を覗き帰る。
4時半からシャワーを浴びる。
今日は尿の量が少なくなった。
飲んだものはトマトジュース


…ビールは飲めるのだろうか?この部屋の患者さんたちは東鶴の話とかビールの話とかをする。
肝硬変じゃないから絶対ダメというわけではないだろう。
でも、自宅では控えなければヒロが怒るだろうなあ。
ケーキよりビールの方が好きなのをわかってくれてるだろうか?
冷たい炭酸水にレモン果汁を割ったものをワイン代わりに飲むか?
白ワインで割ってもいいか?
それともノンアルコールビールも美味しくできているからそれにするか?くよくよと考える。
こういうのはスパッと決めた方がいいのだろう。
退院したら新しい生活が始める。
アルコールに対してのしっかりした方針、原則を決めよう。


…人生の100のリスト 体重はさらに減らして62-3キロくらいがベストだろう。
フルマラソンは走りたい、出来ればトライアスロンも。


…まだ、近視がかなり進んでいる状態。
眼鏡をかけてもかなり近づかないとダメ。
これは血糖値が落ち着けば回復するものなのか?
あるいはこのままなら眼鏡を新しく作らねばならない。
今日は夕食前の血糖値が200台になる。
週明けには…と期待したい。


…今夜はDVD劇場を中止して「模倣犯」を読む。
ようやく1部読了、ここまで330頁ほどある。
こんな血なまぐさい話だったのだ。
でも、この長いプロローグから物語はどう進んでいくのか?


…朝や昼間、食後はいくらでも寝られる。
決して深い眠りではないが、ここまで高血糖で非常に浅くしか寝られなかった分を取りかえしているのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ああ、当時はさすがにお酒はもう飲めないかもしれないと観念してたのだ。
(観念してた割には何が飲めるだろうと未練がましい)
トライアスロンがしたい?
そんなことを思っていたなんて全く記憶にない。
当時47歳、若かりしころ。(笑)


…今日からニュースデスク3連投。
夕方、A木と京橋のつなぎ亭というラーメン屋に行く。
あっさり出汁のラーメン。
サッカー、日本代表vsウルグアイを見る。
アギーレ・ジャパンは黒星スタート。
相手が相手だから敗戦の確率は高かった。
続いてボクシング3試合。
最近の地上波はK1や総合格闘技と同じように単品では放送しない。
村田は判定勝ち、井上が11回TKO勝ち、八重樫が9回TKO負け。
八重樫の相手はこれで3階級制覇のニカラグアの若きスーパースター。
サッカーのハメス・ロドリゲスに似た甘いルックスと実力を兼ね備えたヒーロー。
ニカラグアにはかつてアルゲリョという名ボクサーがいた。
八重樫の敢闘精神に感服。
あいかわらず香川照之が熱い。
「生まれたてのワンツーがいいですね」
日ハム大谷のホームランのみ15秒のニュースを送り閉局。
ファミマ飲みして帰宅。