2014/9/30 落し物

この数ヶ月で衰えを感じること。


  ・視線を素早く移すと焦点が定まるのに時間がかかる。軽い眩暈さえ起こる。
  ・自転車の小回りがきかなくなる。同時にバランスをとるのが難しくなった。
   (たとえば大学生の頃はロードレーサーに乗ったまま道に落ちているモノを拾うことが出来た。
    これは映画「ヤングゼネレーション」で主人公がやっていたのを真似て修得した技だが…)
  ・今までだったら簡単によけていた自転車同士のすれ違いもぶつかるかもしれないと不安。
   つまり相手の突然の動作に対応する自信がない。
  ・手のひらに力が入らなく握力が落ちたような気がする。


歳をとると毎年少しずつ出来ないことが増えてゆく。
そうして一歩一歩、誰もが老人になってゆくのだから当たり前なのかもしれないけど、
誰も面と向かって教えてくれなかた。
一人、荒れ果てた野をとぼとぼと歩きながらボトボトと落とし物をしているような気分である。


10年前の元旦にユーミンがラジオで言ってた。
「わたしたちの年齢になると維持するっていうのは成長してるってことなんだよね」
そのときはピンと来なかったけど。



5キロちょっと走って月間150キロを達成。
今日は追い風だと暑いので木陰を選んで走りました。
   


0日前に咲き誇っていたフィソステギアが終わってました。
花の名前フィソステギア、まだ憶えてた
   


替わりに咲き誇っていたのは紫のサルビア。
サルビア・レウカンサでした。
これは一週間後でも忘れるな、絶対。
   


ワイルドガーデンの風情が好きです。
イギリス式庭園は自然のままに、がポリシー。
ヒロはベランダの花を欠かさないくらいに園芸好き。
旦那に甲斐性がないので庭のある家に住ませてあげられない。
不憫だ。
   



サバ、焼サバでした。
旬の秋サバです。
関西スーパーで生鯖一尾200円で売ってたのを半分こしました。
焼き鯖100円、安い!
僕は尻尾の方が好きなので尻尾をもらいました。
旬なだけあって脂がのって旨し。

   


さあ、9月は終わり。
セプテンバー・ソングによれば「九月になれば日は短く、残りはあっという間」だ。
残り3ヶ月、せいいっぱい行きよう。
今日から5日連続のニュースデスク。
撮影もある。
インターFMの「バラカン・モーニング」が突然終わってしまった。
せっかくラジコのプレミアムに入ったのに…。


体調をくずさないこと。
落ちこまないこと。