2014/10/22 合間の天ぷら定食

朝の編集手直しと夕方からのMA作業との合間に天四の天ぷら「まきの」へ行く。
お昼どきは行列が出来ているので尻込みしていたが午後3時は並ばずに食べられた。
広めの白木のカウンター。
オープンキッチンで目の前で揚がったのが一品ずつ出てくる。
普通そういう店は高いのだけどこの店は690円で天ぷら5種、ご飯と味噌汁はおかわり自由。
お望みなら追加で一品から注文出来る。
本格的なのにコスパ最高、そこが人気の理由だろう。


丸亀製麺も焼きそばの長田本庄軒もこの天ぷら屋も同じ「とりどーる」のグループだ。
店の外観や照明、看板の字体、あったかい雰囲気で成功していると思う。
食べものや飲みものってパッケージが大事ですものね。
僕がスーパードライを好きになれないのは味だけじゃなくて缶の色にも原因があると思う。
あのメタリックな銀色はオイル缶みたいで美味しそうに見えない。
缶のパッケージならヱビスかサッポロ黒生かな。

   


天ぷら6種のおすすめ天定食にした。
まずご飯と味噌汁が来る。
最初は野菜かき揚げ。
ゴボウと玉葱と人参がからっと揚がっている。
続いて茄子。
白身魚のカレイが続く。
鶏天、いか、エビ天。
天ぷらってあんまりご飯が進まない。
サイドメニューに山芋とろろ(100円)がある。
やめとこ。
食べ過ぎだ。



六甲の稜線にだけ雲がまとわりついていた。
そういえば台風の日に低い虹が同じ位置に出てたなあ。
同じ山を定点観測してるといろんな現象が見られて面白い。


   



夕方からナレーション録りでポスプロ入り。
スタジオのロビーにある冷凍庫で無人販売してるアイスクリームを買う。
Yディレクターが絶賛する井村屋のたい焼きアイス。

   


ナレーションを録り終えてスタッフ4人で福島の「一本松」へ行く。
美味しい地鶏のお造りと網焼き、この店の鶏肉は味が濃厚で旨い。
断酒中だが一杯だけ生ビールを自分に許す。
ちゃんと話を聞かずにA木と同じでいいよ、と注文したら黒ビールだった。
うーむ、黒ビールの気分じゃなかったんだけどな。

今回、僕が取材を担当したのは4人(4組)の市民ランナー。
いつのものことだけどナレーションまで録り終えて思うのは、
“ もっとうまく出来たんじゃないだろうか? ” という思い。
誰か言ってくれないかな。
「それだけ若いってことですよ」って。
57歳、まだ発展途上?
恥ずかしーい。


今回の使用曲は、カーペンターズ、クロスビー、スティルス&ナッシュ、スティービー・ワンダー
キャット・スチーブンス、ボブ・ディラン、ビリー・ジョエル、ポール・サイモン…。
70年代から80年代のどれも超有名な誰もが聞いたことのある曲。
あえておじさん丸出しのチョイスです。
一曲だけMATCH BOX 20 を使う。
これは90年代かな。
担当したミキサーは若い。
「オールディーズですね」と言う。
うーむ、懐メロには違いないんだけど音楽用語でいうオールディーズとは違うんだけどなあ。


店では黒生ビール一杯にとどめた。
深夜に帰宅して冷蔵庫をのぞくとゴーヤジュース。
昨日と同じくその隣りにキリン本搾り冬柑の魅惑的な缶が…誘う。
ウォトカとゆずやすだち果汁だけの炭酸カクテル。
今夜は甘んじて誘惑に負けました。