2014/12/21 師走の都大路

師走の都大路を駆け抜ける。
そんなキャッチで知られる全国高校駅伝
いつもはぬくぬくとテレビ観戦ですが…。
わけあって初めての現場取材、取材、というより荷物番してました。
  

応援、いや取材対象の西脇工業女子は僕ら取材側が密かに期待していたロケットスタートが不発。
入賞も逃し17 位でした。
県大会で20年連続優勝の須磨学園を破った勢いに期待したのですが…。
監督も選手も初出場の全国の大舞台、そうはうまくことは運びませんよね。
それが青春。

  


優勝争いはお隣の大阪と京都の京阪対決、薫英女学院が立命館宇治を抑えて初優勝。
取材対象の高橋さんと同じ2区を走ったムセンビちゃんとケニア人パパに中継所前のセブンイレブンで会いました。
  


早朝、阪急夙川駅6時42分発の電車で京都へ向かう。
持たせてくれた弁当を車内で食べる。
肉巻きおにぎり(豚の生姜焼きと薄焼き卵を俵型のおにぎりに巻いたもの)といっしょに小さなテルモスが入っていた。
開けると熱々の味噌汁。
これは嬉しい。
やるなあ。


烏丸交差点で担当DのHと駅伝頭のA木と合流。
タクシーで西大路の第一中継所へ向かう。
しかし、最初に目論んできた場所からは撮影出来ず。
対岸からタスキ渡しの撮影。
ろくな画も撮れず、でした。


スタジアムへ移動してからはA木が鉄砲玉みたいに消えた。
ずっと荷物番。


暇なので選手の足元ばかり見ていた。
圧倒的にアシックスが多い。
時々、ミズノ、たまにアディダス(かつてデサントが輸入元)。
オニツカタイガーに時代から日本の体育会系シェアが高いのだ。
スポーツメーカーでそういえば関西が圧倒的に多い。
ミズノ、デサントは大阪、アシックスは神戸。


終了後、西京極の中華屋で昼飯。
阪急電車で夙川までずっと立って帰る。
帰宅してしばし昼寝。
夕飯はホットプレートのお好み焼きとねぎ焼き。