シネマ年報 2014

劇場で観たのは年間23本でした。
去年、一昨年は24本なので月2本のペースは変わらず。
最近はDVDやネット配信で見ることも出来るので作品数としては40本弱だろうか。
☆3つは「そこのみにて光り輝く」、洋画は「あなたを抱きしめる日まで」
「ダラス・バイヤーズ・クラブ」「グロリアの青春」「アバウトタイム」かな。
劇場としてはTOHOシネマズ西宮8本、リーブル梅田4本、リーブル神戸5本、
パルシネマしんかいち4本でした。


#1 1月6日 セッションズ@梅田ガーデンシネマ
新春1発目はヘレン・ハント見たさでセックス・セラピストの映画。


#2 1月11日 ファイアby ルブタン@リーブル神戸
嫁に誘われて観るも不覚にも眠ってしまう。


#3 1月14日 永遠のゼロ@TOHOシネマズ西宮
何かのブログで意外にいいと聞き、見たけど…。違うな。訴えるべきはそこじゃないだろ。途中で出た。無料チケットでよかった。


#4 3月13日 ダラス・バイヤーズ・クラブ@リーブル神戸
永遠のゼロとはある意味で対極。アウトローこそが世界を救う?


#5 3月13日 それでも夜は明ける@リーブル神戸
ロングショットに呼吸が苦しくなる。それでも夜は明けた?


#6 3月18日 ネブラスカ〜二つの心をつなぐ旅〜@TOHOシネマズ西宮
アメリカ版小津映画、若者は誰一人登場しない。もちろんヒーローもいない。後味はいい。


#7 4月1日 あなたを抱きしめる日まで@TOHOシネマズ西宮
ジュディ・デンチとスティーブ・クーガン、名優の不思議なロードムービーが心にしみる。


#8 5月1日 グロリアの青春@元町映画館
ヒロインは僕と同年代58歳、バツイチ、ラストシーンの名曲グロリア が鳴り響いている。


#9 6月5日 世界の果ての通学路@リーブル梅田
期待したが長すぎたのかちと落ちてしまった。ボクの想像力の欠如だ。


#10 6月9日 ハンナ・アーレント@パルシネマ新開地
カタルシスを得るまでが長い。メッセージは重く受け止めた。


#11 6月9日 もうひとりの息子@パルシネマ新開地
イスラエル人とパレスチナ人は外見では見分けがつかないことを知る。


#12 7月1日 インサイド・ルーウィン・デイビス〜名もなき男の歌〜@ステーションシネマ
もうひとつのグリニッジビレッジの青春、キャリー・マリガンの500マイルが聞ける。


#139月3日 ゴジラ@TOHOシネマズ西宮
2ヶ月のブランクを経て見た映画、重厚で神々しいゴジラを大スクリーンで見られて大満足。


#14 9月8日 NO@リーブル神戸
政権は腐ってるのに野党が烏合の衆で頼りない。でも、NOと言える国が羨ましい。


#15 9月10日 リトルフォレスト 夏秋編@ステーションシネマ
原作のコミックにひたすら忠実、橋本愛の食べっぷりがいい。


#16 9月15日 そこのみにて光輝く@リーブル神戸
その果実はもう腐りかけているのに…池脇千鶴がいい。切なさがきりきりと胸を刺す。


#17 9月16日 ガーデンズ・オブ・ギャラクシー@TOHOシネマズ西宮
アライグマをなめたら惑星のひとつくらい吹き飛ぶぜ。


#18 9月18日 あなただけ今晩は@TOHOシネマズ西宮
30年ぶりにイルマに再会。あれ、こんな映画だっけ? でも主役の二人はやっぱりいいなあ。


#19 10月12日 サスペクト 哀しき容疑者@リーブル梅田
哀しき獣、以来“哀しき”シリーズは韓国映画の真骨頂。スーパーマンの映画でもある。


#20 11月8日 アバウトタイム〜愛おしい時間について〜@TOHOシネマズ西宮
未來から来た人間だと思って今を生きる。ヒロインのレイチェル・マクアダムスが可愛い。


#21 12月12日 ゴーンガール@TOHOシネマズ西宮
夫婦で見にいくのはどうかと思うが…最後まで席を立てない。


#22 12月16日 ストックホルムでワルツを@リーブル梅田
ジャズ好きは必見、モニカ役のヒロインが美しい。


#23 12月17日 おやすみなさいを言いたくて@テアトル梅田
ジュリエット・ビノシュはいまどんな女のなってるのか? が見た理由。映画は拾いものでした。