2015/1/20 耳を塞ぎたい

朝、セルフのガソリンスタンドまで自転車で灯油を買いに行く。
午前7時のラジオがイスラム国が日本人の人質をとっている動画がアップされたと告げた。
とうとう日本にも番が回ってきたか、という思いで聞いていた。
最初に捕まった怪しげな人はともかく、
ジャーナリストとして活動していた後藤氏は危険を知っての行動だったらしい。
若い頃にロバート・キャパやユージン・スミスや岡村昭彦や沢田教一らフォトジャーナリストにあこがれた。
当時はまだビデオカメラなんて普及してなかったけど。
いま戦場や紛争地で活動するジャーナリストにビデオカメラ必携なのだろう。
現場を取材するジャーナリスト、特にフリーランスはペンだけじゃ不足でビデオジャーナリストでもある。
後藤氏がどんなプロジェクトで、どんなストーリーを仮想して
、どんなミッションを自分に課していたかはわからない。
僕だったらイスラム国支配地域になんてとても行けない。
(保証されているマスメディアの社員は危険地帯へは行かずフリーランスのコンテンツを買うという構図は
ベトナム戦争当時とは逆転している)


安倍首相が訪問先のイスラエルで記者会見した。
うがった見方だと承知で思う。
正規軍ではないイスラム国の存在は誰に有利に働くのだろう。
イスラム国という軍事力があることで誰が得しているのだろう。
そんなことを考えてしまう。
軍需産業は…儲かるだろうな。
イスラム国が武装が強大になれば各国の軍備を拡張する理由になる。
日本だって自衛隊の予算は通りやすくなり、イスラム国の脅威は安倍が臨むような枠組みを作るのに利するはず。
そもそもイスラム国というテロ組織を産んだのは何だったのか?
そして、イスラム国の存在が誰に利するのか?
また、自己責任論が声高に叫ばれ、小国民たちのバッシングが巻き起こるだろう。
それがどんな世論を形成するのか。
耳をふさぎたい思い。


朝、味噌汁の代わりに湯葉の鍋が出る。
生湯葉を豆乳ベースで煮こみ、味噌で味つけする。
冬の朝に熱々の湯葉鍋は嬉しい。
  


午後、送られてきたナレーションを手直しする。
3時から筋トレ、整体でストレッチを長めにしてもらう。
筋トレは時間切れでレッグプレス(足)、プルダウン(背中)、バックエクステンション、シットアップだけしか出来ず。
太ももの前後、胸を明日に残す。
5時に予約していた眼科クリニックへ行くが2時間近くかかりそうなので待合でキャンセルする。
後ろに予定を入れたらダメですな。
予約から取り直すことにする。


ナレ録りまで少し時間がある。
京橋駅前の赤垣屋でにごり酒とどて焼き。
夕方に仕事だとついやってしまう・
ナレーションを終えてY田とI田と三人で焼肉へ行く。
どうゆうわけかホルモンを焼いてのが食べたかったのだ。
芋焼酎のソーダ割りを飲む。
なかなかいける。
A部夫妻が「明けごころ洋食店」にいるとのメールあり。
「ラザニアが焼けました」とのメールあり。
ちょっと寄って行く・
ラザニアで赤ワイン。
ラザニアをつまみに赤のデカンタハーフ、さらにハーフ追加。
(そんなんならフルでええやん)
甘くて辛い絶品のカレーとガーリックトースト。
朝、健康食をとり、夜、台無しにする。


昨日、昭和30年代生まれのとって魅惑のアイテム満載と書いた増山実「空の走者たち」
読み進むにつれ追い打ちをかけてくる。

空の走者たち

空の走者たち

マラソン、円谷、山の上ホテル、福島の県民駅伝、宝塚と須賀川、2010年に浪江町へ引っ越した友人、
銭湯マニア、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」に続いて、
円谷英二、ウルトラマン、怪獣たち、エルトン・ジョンのユア・ソング。
もう泣かせること書かんといて欲しいわあ。