2015/2/18 いぬのきもち

朝、パンを買いにロードバイクで西へ走った。
青木のサンシャインワーフ神戸まで20分ほどかかる。
買い物の時間を入れて小一時間の運動です。
小さめのバックパックにこいつを入れて走りました。
2002年の暮れに神戸のエディーバウアーで売られていた子犬のぬいぐるみ。
一見、トイプードルに見えますがゴールデンレトリーバーのパピー(子犬)だそうです。
改めてご紹介します。
“ てん ” といいます。

   


我が家にやってきて12年が過ぎました。
いっしょに旅行や山登りをします。
北は支笏湖から南は竹富島、アメリカ北東部ニューイングランドもいっしょに旅をしました。
夫婦間の会話がぎすぎすしてもこいつが緩衝材になってます。
わずか二千円弱のぬいぐるみだけどもうお金には換えられない。
てん は幸せなんだろうか。
バカみたいだけどときどき気になる。


DVDでいぬの映画を見た。
やっぱり柴犬とレトリーバーがいい。

犬とあなたの物語 いぬのえいが 通常版 [DVD]

犬とあなたの物語 いぬのえいが 通常版 [DVD]


上の映画の中で大森南朋が演じる一郎が若年性アルツハイマーになる。
子どもの頃に飼ってた犬の名前(柴犬 二郎)も、いま飼っている犬の名前(ラブラドル ラッキー)も、嫁の名前も忘れてしまう。
職業は技術系の翻訳家で、ある日嫁(松嶋菜々子)が書斎に入ると部屋の壁が付箋で埋め尽くされていた。
「最近、もの忘れがひどくて」と一郎。
すごく恐い。
若年性アルツハイマーの人にそういう自覚症状があるのかは知らないが僕にもそんな自覚がある。
いろんなものを記憶に定着させておく自信はない。
病的なものではないとは思いたいが…。


朝食後、さあて、とiMacに向かうと脳がフリーズ状態になる。
検索不可、処理不可、記憶不可 みたいな状態。
遊びでこうはならないので無意識に現実逃避してるのだろう。
追いこまれないとやらない。
追いこまれるとなんとかする。
これまでもしてきた。
でも、これからもそれで大丈夫なのかという不安におそわれる。
開き直れない。
結果が同じなら開き直ればいいのだ。
今日は読書を決めこむ。


夜、6人で大阪城公園の合同練習、10キロほど走る。
銭屋で小宴会。
胃は本調子じゃない。