2015/5/10 卯の花だより

朝、起きるとひどく疲れていた。
いったい昨日何をしたのか、と疑うほどに疲れていた。
帰宅が1時半、就寝が3時過ぎ、起床が9時、
6時間ほど眠っているのに疲れがとれないのは寝る前に飲み食いしたせいでもある。
「ふるえて眠れ Hush… Hush, Sweet Charlotte」という古いスタンダードソングがあったけど 空腹で眠れ! だ。


  Hush hush, sweet Charlotte
  Charlotte, don't you cry
  Hush hush, sweet Charlotte
  He'll love you till he dies


  よしよし、可愛いシャーロット
  シャーロット、泣かないで
  よしよし、可愛いシャーロット
  彼は死ぬまで、あなたを愛するの


「ふるえて眠れ」をYou-Tubeで聴いて思い出した。
英国王室に生まれた女の子がシャーロットだった。
高崎山の猿にシャーロットと名付けたら嵐のようにクレームが来たそうな。
それをまたメディアが煽る。
どうでもいいですよ。
じゃあ「おさるのジョージ」はどうなんだ?


朝ランは休止、無理はしない。
そろそろ卯の花が咲く頃。
南芦屋浜へ自転車を走らせる。
咲いてた!
頭の中で「夏は来ぬ」を口ずさむ。
    

卯の花はウツギ(空木)。
赤と白の花が咲くハコネウツギという種。
花の駅伝、桜、ツツジ、アカシアと襷が渡った。


  


  


『世界は一冊の本』という詩がある。
その作者である長田弘さんが先日亡くなった。
    

  書かれた文字だけが本ではない。
  日の光り、星の瞬き、鳥の声、
  川の音だって、本なのだ。
    *
  ブナの林の静けさも、
  ハナミズキの白い花々も、
  おおきな孤独なケヤキの木も、本だ。
    *
  本でないものはない。
  世界というのは開かれた本で、
  その本は見えない言葉で書かれている。
    *
  本を読もう。
  もっと本を読もう。
  もっともっと本を読もう。

  
               長田 弘


京橋駅南口から寝屋川を渡る人道橋のたもと、
とある家の軒先にこの季節、見事なつるばらが咲く。
こんもりとして小さな森のよう。
これも「本」だ。
いま読んでおかないと来年も読める保証はない。


  



朝食は牡蠣フライ。
季節は過ぎたが冷凍してあったのものを在庫処分だ。

  



…ニュースデスク3連投の最終日。
関西の2球団、きょうもオリックスが勝ち、阪神は負けた。
22時半過ぎに強制終了。
夜は冷えこむ。


オンデマンドでNHK BSプレミアム「女の横町 京都編」を見る。
     


四条冨小路で会う館。
四富会館で飲みたくなる。