2015/7/24 知性から遠くはなれて

メモ:秘打「白鳥のみずうみ」を見た 高校野球に多様性と寛容を望む 晴れる 
   蝉の声 夏の遊びがしたい 海と山 藤島大の新刊がデスクに 
   鉄筆 ポスプロ打合せ みうらクリニック 船場カレー ジョギング 
   天神祭 大川 夜店 薪能 今夜も京屋 ホッピー2本


お調子者なんでしょうけど、こういうイチビリは嫌いじゃない。
こんな時代だからこそニッポンに寛容を! 若者に多様性を!
  



出社したらデスクに置いてあった。
鉄筆という出版社から各マスコミに送ってきたようだ。
ラグビーエッセイ選集。
冒頭から「戦争をしないためのラグビー」、出版社のネーミングに惚れ惚れする。

  本物の知性とは、結局のところ「反体制」なのだ。なにも革命家になれという意味ではない。
  でも、いつも権勢に寄り添い、ただ肯定して、その限りにおいて頭を働かせ、
  成功したとしても、それは「賢くて要領が良い」だけではないのか。
  どの立場にあっても「自分たちより強い相手にひるまず立ち向かう」。
  そのために知恵を絞り、心身を追い込み、軋轢を乗り越える、
  そんな過程が知性的な行動なのである。
  それは未知の難問を解決する際に求められる知性とも重なる。


謹んで拝読させていただきます。


        


4時からタクマとこの夏の2番組をやるポスプロへ打合せに行く。
南森町界隈は今日からの天神祭で賑わう。
中村屋のコロッケを買っていこうかなと思ったが当然のように売り切れだった。
打合せを済ませ5時に予約しておいたみうらクリニックへ行く。
いつのもように降圧剤を45日分処方してもらう。
寝る前に2錠、薬なしだと朝の血圧が150を越えることがある。
毎度毎度気にすることはないと言われるがこれまでは130くらいだったのだ。
加齢もあるが今はストレスが原因かな。
少し体重を減らして酒量をビール一本程度にすべきだ。
船場カレーで牛すじねぎカレー(ライス180グラム)を食べて局へ戻る。
LINEのグループで、きょうは走る、と宣言してしまった。
サボるのは何だか後ろめたい。
走ることにする。

  


去年も24日は大川沿いを走ったと日記にある。
混雑して走れないのはわかっちゃいるが天神祭の気分を少し味わう。
  


春はあけぼの、夏は夜、とかの清少納言は綴った。
秋は夕暮れ、冬は早朝がいいと。
夏の夕暮れも格別だと思う。
  


帝国ホテルの前に「能船」が停泊、夏の宵に薪能を舞う。
  


7時前から小一時間走るといい具合に夜になる。
  


夜になると…きょうもまた京橋のシルバー酒場へ一人繰り出す。
客もシルバーなら店員もシルバー。
  


ホッピーなるものを2本飲む。
旨いのか?
自分でもよくわからない。
  


6月から7月、番組の構成のことばかり考えている。
何とでもなると思えばそうだし、苦戦していると言えば苦戦している。
考えているが知性とはほど遠い。
心に引っかかって落ち着かない。
酒量が上がる。
明日からはちゃんと生活しよう。