2015/10/28 風邪の兆し

加齢でツラいこと。
なかなか疲れがとれない。
しつこい油汚れみたい。
絶好調なんて年に数日しかない。
季節の変わり目、仕事が一段落して気をゆるめると風邪をひく。
ここ数日、鼻水、くしゃみ、咽の痛みが続くトホホな状態。
調子が悪いので今日は自宅療養。
夕暮れ時、厚着をして海辺を歩く。
特等席が空いていた。

   


3日後の富山マラソンが心配だ。
日曜の天気予報が悪い。
全国的に冷たい雨が降るそうな。
苦しみはオプションだから今回は回避するのもありか…?

   



…自宅療養ということでコミックを一気読みする。
ちばあきお「プレーボール」全22巻。
「キャプテン」の主人公が高校へ入ってからの物語。
もちろん数十年前に読んだことはある。
ヒロの膨大なコミック蔵書の中にあった。
読もうと思ったのはラグビー日本代表の9番田中のいがぐり頭を見て思い出した。


         


「プレーボール」はある意味未完で終わっている。
作者のちばあきおにドクターストップがかかったのだ。
無念の思いが22巻の巻末に綴られている。
その数年後、ちばあきおは41歳の若さで自殺する。
鬱病だったという。


鼻水、のどの乾燥くらいでまだ悪寒(さむけ)はない。
パブロンを3錠、トマトジュースでビタミンCを摂って、熱めの風呂に入って寝る。
明日は劇的な回復!
と、ならないのが悲しき五十代。