2015/11/19 玉藻前曦袂

体重は高値安定、きょうは最重で73.55になった。
このところ何日か記録している73キロ台は去年の6月以来、一年半ぶりのこと。
ヤバいです。
飲み食いが過ぎる。
運動不足。
散発的にフルマラソンとか走ってもさほどフィットネスに効果はない。
ヒロから一ヶ月ほど前から「お腹出てきたよ」と言われ続けている。
確かにそうだけど、ここ数日はベルト周りにでっぷり感を感じるようになった。
デブを体感出来るようになった。
嬉しかない。
デブとは関係ないけどここ数日は頻尿でもある。
きのう、今日と断酒した。
体重が1キロ減った。
心を入れ替えて、規律を復活させて、せめて今年中に70を下回りたい。


10時に家を出る。
午前中はテロップの発注、午後イチでポスプロ編集。
うーん、内容に納得できないまま代打で編集。
ナレーションでなんとか整えるか。
1時間で済ませる。


酒豪のNさんから文楽の招待券をいただいた。
住大夫さんの引退公演以来、およそ1年半ぶりの国立文楽劇場です。

    


午後の部、演目は玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)
清水寺の段/道春館の段/神泉苑の段/廊下の段/訴訟の段/祈りの段/化粧殺生石
7列33.34番、知ってる方は知ってるかもしれないが、
浄瑠璃も三味線も人形舞台も両方楽しめるベスポジです。
演目は玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)
休憩入れて4時間の長編ですが楽しくてあっという間でした。
陰陽師安倍晴明や妖怪変化が登場する平安ファンタジー。
七変化あり、宙乗りあり、高笑いあり、楽しいエンターテイメント巨編です。
道春館の段の千歳大夫、顔を真っ赤にしての大熱演は必見。
3.11直後の尼崎での早野勘平切腹の段を思い出す
妖狐を使う桐竹勘十郎、通称部長は舞台を右から左へ、さらに上(宙)へと舞い三次元文楽を堪能させてもらいました。
前の席に一人、人形の舞台を一切観ずに大夫をガン見し続ける角刈りの大柄な男がいた。
視界に入るので気になるっちゅうねん。

           


手作りの文楽弁当は鯖煮のそぼろと炒り卵の二色弁当。