読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/12/12 マドルスルーな日々

朝、まどろみの中で夢を見た。
内容はとても書けない。
実を言うとあれが何だったのかよくわからない。
きのう書いた「何を見ても何かを思い出す」という言葉に遠い記憶が刺激を受けたのか?
あるいは慣れない仕事のストレスでわけの分からない願望が表出したのか?


プールへ行く。
帰ってから東京仕事の構成案の書き直しをする。
慣れないせいかスムースに進まない。
すぐに昼が来る。
もう1本書かねばならない。
東京という街をよく知らないのでかなりハンディを感じる。
すでにレースはスタートしているのにシューズもちゃんと履けてない感じ。
泥の中を歩くような日々。


気分転換に買い物に行く。
きょうはぬいぐるみのバースデーディナーをする。
(嬉しそうに書くことをご容赦願いたい)
近所のケーキ屋で誕生日ケーキを買い、ろうそくをつけてもらう。


「ファミーユ」というお店です。
テンションの高い奥さんでした。
愛車とかごに入った購入済みのケーキ。
   


夕方5時から湾岸を少し走る。
セルフタイマーで自録りしたりして。
なかなかのスピード感。
   


たまには自宅でイタリアン。
誕生日の宴は、アルゼンチンのメルロー、鯛のカルパッチョ、スップリ(ライスコロッケ)に久々のラザニア。
ラザニアのボロネーゼソースは本格的です。
   


   


こいつは2002年12月に神戸のエディー・バウアーからうちにやってきました。
その日が0歳の誕生日と計算して今年で13歳になる。
ぬいぐるみじゃなかったらそろそろ寿命なのだ。
そう思うと不憫になる。
   


さわりまくって、手垢がついて、風呂に5回入ったけど、毛皮がもろもろになってきた。
ゴールデン・レトリーバーなのにトイ・プードルみたいだ。
ウチに来て間もない頃はこんなにふわふわだった。

2003年1月7日、冬の金剛山にて
  


フィギュアスケートのグランプリファイナル、体操の豊田国際、スーパーな羽生と白井。
白井は伸身のリ・ジョンソン、難度Hを決める。
トップリーグ開幕以降、花園、西京極、ユニバ、花園とスタジアムで観戦してきたが今日は途切れる。
テレビでパナソニック東芝の熱戦をラスト20分だけ見る。
ダミアンとスピースが離脱した近鉄はトーエツの2試合連続2トライなどでリコーに快勝した。
この試合は深夜に録画があるので見たいが明日はいろいろと予定が詰まっているので自重する。
きょうのご褒美は「箱根駅伝 ナインストーリーズ」を一編だけ読むこと。
「早稲田と山梨学院にはドラマがある」
懐かしいシーンがいっぱい出てくる。
まったくもう、高野は…。(笑)
いいな、ナインストーリーズ
「河内花園 ナインストーリーズ  〜下町のラグビーピープルを巡る9つの物語〜」
書けたらいいな。
出来ればドラマの脚本を。
締め切りは2018年の年末、あと3年か。
明け方にまた夢を見そう。
あすは6時起き。