読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/12/15 おがわの会 2015冬

前述のように明け方に目覚めまんじりともせず朝を迎える。
天気もぱっとしない。
夜に雨が降ったのかアスファルトが黒く濡れている。
気怠いけど走れば血液循環がよくなってシャキっとするか、と8時過ぎに走り始める。
今月皇居6周目かな。


銀杏が呆れるほどの色づいている。
  


  


きょうは昼前から定例会議、夕方から京都で「おがわの会」
会議終わりでリライトを命じられ、大慌てで間に合わせる。
渋谷のハチ公前の交差点のスターバックスで作業する。
あんな晴れがましく騒々しい場所には好んで行くことはないが必要とあらば入れるものだ。
山手線内、品川駅ホーム。のぞみ車内でも作業を続けiPhoneテザリングでつないで送る。
反省点はいくつかあり。


さて、京都です。
小雨まじりの空模様。
さて、食堂おがわです。
眼鏡堂とたすくのI西さんがフランソワで待っている。
予約は午後5時、早いかなと思ったらすでにカウンターは半分埋まり客が食べていた。
生ビールで乾杯。
おまかせにする。
嫌なことはしばらく忘れ、気持ちよく吞み食べた。


このわた入りの茶碗蒸し、ワタリガニ、このあたりから燗酒にする。
近江の喜楽長から始める。
お造り盛り合わせは鱧、ひらめの縁側、鰤。
オイルサーディン、うどのてっぱい、本もろこ、蒸した海鼠、蕪蒸し、からすみを包んだ餅、鴨ハム。
締めは鯖鮨と茗荷の赤だし。


近江、びわ湖の本もろこです。
  


二軒目は先斗町のマグへ行くつもりだっがお休み。
となりの「BAR tombo 」で飲む。
アメリカのテキサスからのカップルが来て少し話す。
女性の方は新潟の上越で英語教師をしていたとのこと。

  


眼鏡堂は忙しい一年でいいことも悪いことをあったとのこと。
I西さんはお店の客層が変わりターニングポイント、進む方向を模索中とのこと。
来年の5月にまた贅沢しましょう。
それまで生きてましょう、と9時半過ぎに京都を辞す。