09/6/12 つゆぞらに青が覗いた

朝、キーボードに珈琲をこぼしてしまう。
幸い蓋をするタイプのマグだったので少量だった。
DとSとAのキーあたりにしみこんでしまったか?
ディッシュで吸わせて、キーボードを逆さまにして乾かす。
数分後にキーを打つ。
大丈夫だった。


ありがちな失敗だけど今までウイスキーも日本酒もこぼしたことがなかった。
いつかするかもしれんな、と覚悟する。
人間はキーボードに何かをこぼす生き物であると思っておいた方がいい。
人は絶対にミスをする。
次の行動が大切だ。
歳をとって身につけた知恵のひとつ。


…今日もボストンvsニューヨークの直接対決。
眼鏡堂氏よりメールが入りボストンが逆転勝利!
「とてもよい日」


NBAファイナルを観る。
デレク・フィッシャーの3ポイントが決まる。
残り10秒でレイカーズが同点に追いつく。
うわあああああああ、とNHKのアナウンサーらしからぬ興奮しまくりの実況。
でも、気持ちわかります。


…だましだましジョギング、5キロを歩いたり走ったり。
朝食は、秋刀魚、オクラ、金平牛蒡、タマネギと麩の味噌汁・ご飯。
かつおぶしとごま油をかけたオクラが絶品です。

    


…午後から日差しが出て暑くなる。
でも、風が気持ちいい。


3時過ぎから温泉へ行く。
六甲道の『六甲おとめ塚温泉』です。
昨日東京から帰ったばかりのセルジオと駅で待ち合わせる。
410円払って入湯。
街場の温泉なのに豊富な湯量、源泉掛け流し。


露天風呂につかる。
六甲山麓の湯、ここは炭酸泉だ。
炭酸泉は温度が低めで長湯出来る。
体中にこまかい気泡がつく。


湯船に横になって空を見上げる。
つゆぞらに青が覗く。
風が頬をなでる。


梅雨の晴れ間に温泉につかる。
なんと爽やかで甘美で贅沢な時間なのだろう。


風呂上がり、公園のベンチでペニー・ウィッスルを吹く。
セルジオブルースハープを吹く。
緑の風に調子っぱずれの「Sally Garden」が溶ける。
木々の枝にとまった数羽の鳩が聞いている。

    


六甲道駅前の立ち呑み『ちびちび』へ行く。
いつ来ても居心地のいい店。
スペイン酒場ではないが、雰囲気は田舎にあるバールのようです。
シンプルな内装、フェルメールの絵のような光の具合、感じのいい店員。
5時前だというのにそこそこ客が入っている。


サッポロ黒星の中瓶で乾杯。
安いつまみがまた美味しいのだ。
豚肉と青菜と薄揚げを煮たのが¥280、鶏ささみのたたきが¥380。
ビールから日本酒にチェンジ。
福島の『飛露喜』、セルジオは静岡の『開運』
焼きトウモロコシを食べる。
甘くて濃厚な味。
最近のトウモロコシは旨すぎる、と誰かが言ってたのを思い出す。
最後に一杯、黒糖焼酎『朝日』のロックを二人で分ける。
まだ外は明るいのにほどよく酔いました。
駅前で笛でも吹きたい気分。

 
       


六甲道『ちびちび』
http://blog.livedoor.jp/kurokurodesu/archives/51176827.html
http://mokomoko777.blog105.fc2.com/blog-entry-53.html


このあと河岸を移して第2ラウンドあり。
西天満地下酒場へ行くというセルジオと別れ福島へ行く。
報道A部氏と『まき埜』で蕎麦酒。
人事情報を聴きながら「丈径」と「田酒」を飲む。
その後、駅前のスペインバルでワイン2杯。


藤嶋D氏より電話が入る。
大阪へ来られているようだ。
どこにいます?と問うと、白雪温酒場です、とのこと。
おお、九条か、大阪のウエストサイド。
白雪温酒場には行ったことはないが名酒場であるらしい。