09/9/13 借りた傘も雨があがれば…

もう、また寝坊してしもたやないの。
本気で気にしてないのがアカンね。
自分の身体のメインテナンス(大腸カメラなど)も含めて秋は意外に忙しい。
忙しいのは嫌いだと言いながら、春は仕事がないと嘆いていた。
ほんまに「野村ノート」を読んで人生について考え直さなアカンね。
忙しいと閑(ひま)になりたいという、
閑になると忙しいほうがいいという。


 借りた傘も雨があがれば邪魔になる


「おかげさまで」という詩(?)
ある社会運動家の言葉だったかな。


NHKFMのジャズ番組の録音を聞く。
パーソナリティーの児山紀芳がジャズ界の新星アナト・コーエンがゲストい迎える。
イスラエル出身の女性クラリネット奏者。
「クライ・ミー・ア・リバー」など5曲ほど紹介される。
もの凄いノリが良かったり、ユダヤ独特の哀愁があったり、いいですね。
ユダヤのメロディーにはクラリネットが似合う。
季節は秋、いま旬のジャズ、アナト・コーエン。
iTuneにも、You-Tubeにもありました。


You-Tube
http://www.youtube.com/watch?v=U7rL-Vbxh9M


iTune Store
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?id=306157960&s=143462

     

CDではアナ・コーエンと表記されてるが本人がインタビューで「アナト」だと訂正する。
彼女には兄弟がいて末弟がトランペット奏者のアヴィシャイ・コーエンだと言う。
え、ベーシストじゃないの? と調べてみると同姓同名の別人らしい。
アビシャイも、コーエンもイスラエルにはよくある名前なのだろう。
同時代のジャズミュージシャンだから紛らわしい。