2004/8/30 入院1日目

(県立西宮病院1110)
入院初日。
高血糖で入院となる。幸循会クリニックへ午前中に行くと散々待たされて、血液検査と尿検査
で、即入院と言われる。尿にケトンという物質が出来ていて、血糖値は測定不能のHiを示した。
医師に「糖尿病です」と宣告されすぐに病院を紹介するという。
で、各所に連絡して家に帰らないまま、ここに来て嫁と合流。入院となった。
生まれて初めての入院、検査の結果、もしやすぐに退院出来るかと希望を抱いたが
血糖値700ではどうしようもない。
これまた生まれて初めての点滴を受け、インシュリンの皮下注射を受け病院食を食べる。
食欲は戻ってきているのだ。体重を測ったら服を着て腕時計をしたままで74キロだった。
驚くべき事に5キロも減っている。
もうあのアテネの OTE Paliniが夢の世界のようだ。いろいろとあるもんだね。
9月はリセットの月と考えていたが、そうせざるを得なくなった。
折しも台風16号来襲。