10/9/11 『月刊いくちま9月号』

遅れに遅れていたWEB動画コンテンツ『月刊いくちま9月号』を公開しました。
実は4月号と同じ日に生島文庫(自宅)で収録した映像を編集したモノです。
遅れに遅れても誰にも怒られない。
たいていはこういうことになりますね。
叱られたら叱られたで困るけど。


このページからご覧下さい。
http://www.youtube.com/user/ikcima



5月中にラフな編集は出来ていた。
そのままハードディスクに保存したままひと夏寝かせてしまいました。
今日、ちょこちょこと構成の手直しをして、テロップとCG、音楽を入れる。
iMovieでたいていの編集は可能であることがわかった。
3時過ぎから始めて、気がつくと8時になっていた。
バレーの練習に行ってたヒロも帰宅。
6時間以上ぶっ通しの作業。
ビデオの編集なんてこんなもんです。
完成してしまえば何でこんなに手間がかかるの?と思われるだろうな。
いかん、目がかすむ。


夕食(沖縄そば)のあと、付録の編集にとりかかる。
生島文庫を眼鏡堂氏自身が案内する。
その場のノリで適当に撮ったからゆるーい作りになってしまった。
どこが見せ場なのか?


4月に何の台本も構成もなくとりあえず30分ほど収録した。
ラッシュに僕の声で「ちょうど今30分くらい回りました。どーします?」なんて入っている。
30分収録して付録を入れて3本出来たならヨシとしましょう。
収録時はオチをつけなきゃならないなんて考えもしなかった。
今回は僕のコメントで無理やりオチをつけている。


当の眼鏡堂さんは豪州からの帰国中、今頃は機上の人だろうか。
本人が留守の間にこそっと公開してしまいました。
さて、これからこのコンテンツはどこへ向かうのか?
我々は何がしたいのか?
ご意見ご希望、大歓迎です。