2010/12/16 洋酒入りのショコラ

時々、鍋にカレーとかハヤシとかが作ってある。
一昨日、帰宅するとハヤシが多少のぬくもりを残して鍋に入っていた。
深夜12時を過ぎていたのでちょいハヤシは自重した。
今朝、朝御飯にちょっとだけかけて食べた。
得した気分、和朝食に嬉しい洋食のアクセント。


…つぶやきを見ると、小説『KAGEROU』がamazon大喜利状態、とある。
どういうこと?
レビューを見て大喜利の正体がわかった。
400以上のカスタマーレビューがアップされている。
ほとんどが星1つ、星5つのレビューも読んでみると…確かに大喜利(?)。
百田尚樹Twitterでこうつぶやく。
『★5つのレビューの内容が凄いですね!みんなが技を競い合っている…。
お笑いの放送作家として「参りました!」と言うしかない。』


発売されたばかりなのにレビューを書いた人全員が読んだのだろうか?
読んでない人が便乗して書いてるのもあるんだろうな。
でも、amazonのレビューは意外にマジメに書かれたものが多いと僕は認識していた。
あまりの酷さに本好きがマジで怒ったのかも。
これだけ売れたのならこれが出来レースでも出版社の勝ちだろう。
KAGEROU』、このタイトルのつけ方が何だかチープで怪しいな。
僕は読む気がないので論評は避けておきます。


…実は洋酒の入ったチョコレートが好きです。
この季節になるとコンビニで買って仕事をしながら食べたりする。
(駄目じゃん)
たいていが冬季限定販売のもの。
なかでもロッテのラミーが一番美味しい。
ラム漬けのレーズンが入っている。
アルコール分が3.7%もある。
だから美味しい。
大人のチョコ、として1965年に発売された。
僕が小学2年生の年だ。
  

同じロッテからバッカスというブランデー入りのチョコもある。
でも、完成度はラミーに軍配が上がる。
http://www.lotte.co.jp/news/news366.html


ネット検索してみるとラミーにはファンが多いようだ。
http://paku-paku.at.webry.info/200910/article_6.html


「洋酒」って懐かしく美味しそうな響き。
ホントはチョコなんて食べたら駄目なんですけどね。


…今日もニュースデスク。
昼イチで来年の特番の企画会議に緊急招集された。
3月放送のプロ野球開幕盛り上げ企画をせねばならないらしい。
今までに何度もやったマンネリ番組ではなく新機軸を要求されている。
会議中にiPhoneアプリの『切り口ボーイ』で切り口を探す。
「妄想阪神タイガース」「ちゃかちゃか阪神タイガース
「もの好き阪神タイガース」「くたくた阪神タイガース
「突然炎の斉藤佑樹」「野性の斉藤佑樹
「フライング星野楽天」「植民地星野楽天


こうしてるうちに何とかアイデアを絞り出す。
それいいね、とけっこう盛り上がる。
盛り上がるうちにあまり面白くないかもと心配になる。
12月分の『月刊スポルタス』が終わったので年内の仕事はほぼ終わりと思っていた。
やれやれ、企画書を書かなければならない。


今日は完全休肝日
12月は10勝6敗、体重は減らないが意外と勝率はいいのだ。