2011/8/31 八月のアウト

数々の “自らへのアウト” を残して今年の夏が終わる。
寝る前に歯を磨くように普通にやれていた習慣を失った一ヶ月だった。


八月のアウト、その中身は…。
・毎朝運動するという習慣を欠く。 
・一日も体重計にのっていない。
・食事メモをつけない。
・支出メモをつけない。
・CNNニュースのPodcastを聴いていない。
BBCの6minutes Englishを聴いていない。
・運動前後のストレッチをサボる。
・運動前後の腕立て伏せ、上体起こし(フッキン)をサボる。
・飲酒(いわゆる勝敗)にまったく無自覚。
・一日の摂取カロリーにまったく無自覚。
・好んで(もともと好きなので)揚げ物を食べる。
                などなど。


無自覚に、と書いたが上記の項目はあえてネグレクトしたものだ。
理由はわからないが「今月はもういいや」と思ってしまった。
おそらく、こういうのはメンタルな部分が大きいのだと思う。
ええカッコして喩えるならトップアスリートみたいなもの。
闘う理由、モチベーションを持続することが難しいのと同じ理由ではないだろうか。
とにかく、気持ちをキープすることはけっこう難しいです。


当然、アウト連発の先に何があるかは自覚しています。
7年前、アテネ五輪から帰国後、高血糖で入院したのは今日、8月31日でした。
明日、朝イチで体重計にのります。
もういちど、スイッチを入れます。