2012/1/18 ふりむけば国宝

奈良へ行く。
阪神電車で西宮から奈良までの快速急行がつながっている。
乗り換えなし、1時間3分で奈良へ行ける。
通勤電車のベンチシートに1時間強はちょっとツラいものはあるが便利なことは便利。
西宮〜奈良の運賃は890円、お、やっぱり千円近くするのだ。


ブロンプトンを組み立てて奈良を走り始める。
ならまちにある『ささや』へ寄って手土産のお酒を買う。
奈良の地酒を試飲販売する店です。

店のおねえさんは愛想はないけど質問には的確に答えてくれる。
真面目な大学の研究員みたい、信頼出来るし、感じは悪くないので好きかも。
ちょっと試飲して愛山というお米を使った御所の酒『篠峯(しのみね)』を買う。

(これは山田錦です)


篠峯って名前の響きがいいですね。
御所から望む葛城山の別称だそうです。



『ささや』の路地から出て左を見ると興福寺五重塔が眼にとびこむ。
奈良や京都の古い都はこういう視界に価値がある。
ふりむけば国宝、なのです。
五重塔は1400年代に再建されたもの。
それでも600年前の建物です。
回りの風景は変わっても応仁の乱の時代からこの塔はここにあるのだ。
坂を上り猿沢池を一周し鹿と観光客の集う境内を歩く。


興福寺の国宝館は見るべきものがある。
『国宝仏像彫刻の17%が興福寺にある』の宣伝コピー、凄いのだけれど17という数字が微妙。
入場料600円で国宝界のスター阿修羅像が見られるだけでも価値があると思う。
なんと言っても奈良時代の仏像ですよ。
1500年前に彫られたものを目にするだけでも眼福である。


169号線を南下、天理へ向かう。
往復で30キロのサイクリング。
風はなく手袋が要らないほど暖かく汗ばむほど。
30分もしないうちに天理の中心部に到着。
アーケードを歩く。
「天理スポーツ」というスポーツ店がある。
あの甲子園でもおなじみの天理高校のグッズが売られていた。
「天」と書かれた紫の野球帽が誇らしげだ。
キン肉マンを思い出してしまった。


なぜか今日はお尻が痛い。
ブロンプトンはロードバイクと違い乗車姿勢がアップライトになるからだ。
それでも以前は15キロくらい走っても痛くなることはなかった。
革のサドルに替えたら解消されるのだろうか。