2013/12/16 ふたつの大事な決めごと

朝は筋トレ、昼はニュースデスク、夜、大阪城公園を走る。
アップダウンがあるのでキロ6分ペースでもイーブンで走るのは難しい。
「3Dマッピングスーパーイルミネーション」のイベント開催中なので人が多い。
日曜日の昼間みたいに団体さんを旗を持った人が引率してたりで走りにくい。


今年も残り2週間か。
年内にやっておきたいこと、来年に回すことの分別をしておこう。
やるべきことをやるために、何を諦めるかを決めるのも大事な作業だ。
厚生労働省村木厚子さんが手記に書いていたことを思い出す。
(検察の証拠改ざんで拘置所に164日間拘束された)
拘置所で心がけたこと。


   まず、目標を低く設定する。
   決めたことはふたつだけ。 
   「体調を崩さないこと」「落ちこまないこと」 


「体調を崩さないこと」「落ちこまないこと」
え、これが目標? って馬鹿にする人もいるかもしれないけど…。
体調を崩さないことがどれほど大切かは痛い目にあってわかる。
体調を崩さないために、落ちこまないために、
準備して、工夫して、努力することが生きるってことかも?


拘置所じゃなくても日常でも同じだと思う。
この二つだけでいいのかもしれない。
身体と心が健やかであれば、たいていのことは乗り切れる。



写真は香櫨園浜の夾竹桃の生け垣。
大好きな場所だったのに犯罪の温床になるって理由で切られてしまった。
犯罪の温床になるのかな?