2014/1/5 バナトーの朝 

朝食はバナナトースト、わが家でバナトーと呼んでいる。
栄養価が高く、コスパに優れる目覚め食の定番。
安い食パンとバナナとシナモンパウダー、二人で50円くらい。
お正月モードも昨日まで。
きょうから通常モードスタートです。


  


あ、投稿したのはコイツです。
  


ということで、忘れていた自室のカレンダーを2014年版にかけ替える。
こちらも定番アンセル・アダムスモノクローム
2014 JAN.の写真はヨセミテ国立公園のハーフドームの威容。

  


自慢させてください。
1995年10月、このハーフドームに登った。
残念ながら絶壁側のクライミングじゃなくて背後のアーチ側のルートだけど。

  


A.A.のカレンダーの隣には「1999年10月 立山雷鳥平にて」
15年前か…若いな。
さ、2014年のはじまりです。
  



…午後4時、風が凪いだ。
海沿いにちょっと長めの距離を走るには好都合だ。
すでに陽は傾いて光線はオレンジ色を帯びている。
芦屋浜から南芦屋浜、橋を渡って西宮浜、4つのマリーナをつなぐ。


   走っているときに頭に浮かぶ考えは、空の雲に似ている。
   いろんな形の、いろんな大きさの雲。
   それらはやってきては去ってゆく。
   でも、空はあくまで空のままだ。
   雲はただの客人にすぎない。
   通り過ぎ、消えてゆくものだ。


   暑い日には暑さについて考える。
   寒い日には寒さについて考える。


   辛いことがあった日には、
   いつもより少し長く、
   少しキツく、
   一周余分に走ることにしている。
   そして、あとにただ、空だけを残す。 

                   (村上春樹


刻一刻と変化するウォーターフロントの風景を味わいながら走った。


  


  


15キロをキロ6分で走る、と決めて走り始めた。
写真を撮りながらだとペースが安定しない。
平均ペースでキロ6ならいいか、と上げ下げする。
10キロを59分09秒、ここからペースを上げてみる。
次の5キロは26分01秒、15キロを1時間25分10秒でした。
平均5分43秒で15キロを走った。
宝塚ハーフのときよりキロ平均10秒遅いくらいのペース。
このペースならハーフ2時間ジャストくらいか。


  


  


腹筋と大腿部を使って走ることを心がけた。
確かにふくらはぎのダメージは少ない。
松竹梅で言えば明らかに梅ランナーだけど何となくイメージがある。
巡航ランは太ももと腹筋、ふくらはぎはターボエンジン。
10キロから11キロの1キロは直線、ダッシュしてみたら4分10秒だった。
ここも太ももを上げる感じでスピードアップした。
このペースで5キロくらいは保ちそうな気がした。
気のせいだと思うが。


  

 
  


  



…夜は久々に、何日ぶりだろうか、ノンアルコールでした。
夕飯はカレーうどんとご飯少々。
運動するのはいいが、食事、特に酒量や炭水化物や糖分の制限も加えないといけない。
夜、去年フェスで2回見た高橋真梨子のコンサートをBSプレミアムで見る。