2014/9/22 珈琲と蕎麦

朝、中央緑道のアップダウンのあるコースを7キロ弱走る。
キロ5分50秒のペースをキープしようとしたけど、ちょっと暑かったのでそれすらもシンドかった。
ランニングシーズン入りが間近なのに情けない。
少しずつ距離を稼ぐしかない。


   


久々に「ゆげ焙煎所」でおいしい珈琲を飲む。
ルワンダ産豆のアイス珈琲とグアテマラ産豆のエスプレッソ。
アイスはきれいな味、エスプレッソは唯一無二唯我独尊。
この酸味とコクは飲む価値あります。
   


午後から映画「リスボンに誘われて」を見るつもりだったがグズグズとしてるうちに間に合わなくなる。
夕方までに出社して諸々のすりあわせを済ます。
夜はM山部長と密談(?)というかお蕎麦をご相伴にあずかりました。
行きたかった店、谷五の「蔦屋」です。
煮豆と辛味大根おろしの相性がこんなに良いとは!
お酒は王禄の純吟「渓」と特別純米「秋鹿」。
シメはざる蕎麦一枚半。


  


関西の本格的な蕎麦屋はこれで何軒制覇したのか?
極私的お気に入りは福島「まき埜」、梅田「竹生庵」、京都「蕎麦と酒 まつもと」
夙川の「馳走侘助」もいいけどね。
行きたかった天神橋七丁目「たかま」は夜の営業はしていないそうだ。


食後はなんとM山部長と谷五から南森町まで小一時間のウォーキング。
ほろ酔い大阪散歩でした。