09/11/17 非常識という常識

冷たい雨が降る。
12月並に冷え込む。
熱い珈琲とフレンチトースト。
体重71.85キロ、09年最軽を更新する。


さくら夙川駅まで傘をさしてとぼとぼ歩く。
歩きながら駅伝企画のアイデアを絞り出す。
今日も編集の一日。
昼から駅伝企画、夕方からミニ企画の阪神トレード史。


江川事件』のことを調べ、改めてその無茶苦茶さに驚く。
ルールや常識をここまで自分たちの都合のいいように解釈してよくも厚顔でいられたものだ。
当時、大学生だった僕もよくわからない義憤にかられていた。
キャンプ前日の1月31日、キャンプ地・宮崎へ向かう空港。
小林繁は巨人フロントに呼び止められ、江川との交換トレードを告げられた。
今では、いや当時でも考えられない非常識。
安芸キャンプにもの凄い数のマスコミとファンがつめかけ異様な雰囲気になった、とある。
いわゆるスポーツマスコミだけではなかったのだろう。
1979年、今から30年前になる。


数年前の黄桜のコマーシャル。
広告代理店というものは…!と、考えさせられたり、呆れたり。

     


30歳以下の人にはこの二人が何者なのか、なんで恐縮してるのか、わからないでしょうな。
ターゲットはM2、M3限定。
でも、見ていてどこか嘘くさい。(“やらせ”だもの当たり前ですが)

     http://www.youtube.com/watch?v=xRN080ew1Ms&NR=1
     



夜9時過ぎに仕事を終える。
雨は上がっていた。
阪神の福島駅から帰る。
福島は普通電車しか止まらない駅。
電車が来ない。
後悔する。