2012/6/29 2012 気分はもう夏

毎年、この季節になると1980年のPOPEYE の名コピーを思い出す。
『1980 気分はもう夏』
実際にこの号が出たのは2月、夏どころではない。
僕はこの年、金沢に住む学生だったから街には雪がまだ残っていたと思う。
気分だけ、気分はもう夏、だったのだ。
(この時代のPOPEYEは250円だったんですね)
それにしてもこんな雑誌を読んでいた若者がもう55だなんて。
気分は老けた青年、客観的には中年晩期、ということ。
      



あさってから7月、気分どころではなく夏本番近し。
ポートウェーブ西宮で筋トレをしたあと、ロードバイクで60分ほど走る。
臨港線を東へ、武庫川団地から鳴尾浜、甲子園浜とホッピングして戻る。
日差しは強く、乾いた風が吹いて、真夏日
明日から蒸し暑くなるらしいが、今日はアメリカ西海岸みたいな気候。
気分はもう夏、をしばし楽しむ。
      


夏の花が咲く。
春の花を嬉々としてアップしたのがつい先日のことのようだ。
染井吉野、アーモンド、藤、小手毬、山吹、雪柳、芥子、
季節は進み、卯木、泰山木、浜茄子、浜昼顔…。
今日、Bikeで走りながら撮った。
こうして並べるとその色合いで季節を感じる。
紫のアガパンサス、紅紫の紫陽花(珍しい!)、橙のノウゼンカヅラ、紅の夾竹桃。

  

白状すると結婚するまで上記の花の名前なんて半分も知らなかった。
30代までは、あ、なんか花が咲いてるな、と何の感慨もなかった。
街場に咲く花ではサクラ、ひまわり、チューリップ、アサガオくらいしか知らない唐変木だった。
若いということは心が狭いという一つの証明でもある。
たとえば、今日撮ったノウゼンカヅラは僕が10年住んでいた武庫川団地に咲いていた。
その場所はエレベーターホールから出てすぐのところで、僕は毎夏この花を目にしていたはずだ。
名前が無い(知らない)ということは存在しないということ。


あ、花と言えば本日首都で「紫陽花革命」進行中。
来月16日には「さようなら原発10万人集会」がある。
10万人の一人になりたい、が日曜日は仕事。
オリンピック関係の事前打合せがあれば上京できるのだが。



左上 クローバー咲く公園(今津浜)
右上 かつて住んでいた武庫川団地1号棟の前の通路
中央 鳴尾浜から甲子園浜へ渡る橋より神戸方面(西)を望む。
   いつか映画かドキュメンタリーを撮る機会があれば主人公を走らせたいロケーション。
右下 「気分はもう夏」イメージカット、中央の橋の上から撮影。
左下 鳴尾浜の釣り公園。光る海の彼方に六甲と神戸の街のシルエット。
  



夕食はセルフうどん。
本日新規オープンした自宅から自転車3分の『丸亀製麺所』です。
まだスタッフが慣れていないのか注文を受ける箇所で大渋滞が起こっていた。
僕は冷たいぶっかけ並、ヒロは冷かけすだちうどん並、天ぷら4種とおにぎり&いなり、で1160円也。

  

全国展開する『丸亀製麺所』はトリドールという外食チェーン、香川の丸亀市とは何の関係もないそうです。
全国594店、今やあの『はなまるうどん』を抜いて業界トップなのだそう。
やたらコシが強い。
高松の友達が言ってた。
うどんは塩分を多く入れるとコシが出るんや、昔からやってる店はあんなにコシ強くないで、と。
塩分過多に注意、ですね。


…きょう、久々にてんの奇跡を見た!
寝転んでいるヒロになにげにてんを放り投げた。
てんはヒロに当たって、くるりんぱ、と逆立ちをして見せた。
年に一度くらい奴は奇跡を見せてくれる。
前回は2年前くらいだったが、枕の上で頭だけで逆立ちをした。
今回は3点倒立です。

     



…最近のお気に入りはキリンの『グランド・キリン』という小瓶。
http://www.kirin.co.jp/brands/grandkirin/
好き嫌いがあるので無闇に勧めませんが僕の好きな味。
アロマもホップも、とにかく濃い、です。
ビール会社はこういうの出してはすぐに販売をやめてしまう。
せめて3年は続けて欲しい。
80年代に売っていたマインブロイ(キリン)やメルツェンビール(サントリー)って今も売ってるのかな?
『グランド・キリン』 今はセブンイレブン限定販売だそうです。

  


深夜、ヒロに昆布エキスで髪を染めてもらう。
頭をサランラップでくるんだまま日記を書いた。


追記:2年前の日記を読み返して笑う。
   早い 旨い 美人給仕  http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20100731/1280540815