2013/2/18 蔵王の樹氷原を歩く day2

朝から雪模様、視界もないので山を下りて米沢へ移動する。
昼食に美味しい鴨汁そばをいただき湯の沢温泉「時の宿すみれ」に投宿。
 
  


【行動メモ】
朝から高曇り、ときどき湿雪。
昨日、雪の森を歩けたので今日は無理しないことに。
朝食、珈琲以外は冷めていて無言で食べる。
僕ら以外の3組の宿泊客はスノーシューカービングスキーで雪の中出発する。
10時過ぎ、山を下りると雨になった。
しばらく米沢方面に走ると吹雪、曇り、晴れ、とネコの目のような空模様。
米沢の女子短大に勤めるヒロの友人T嶋くんに連絡をとり昼食。
田舎の民家でやってる蕎麦屋へ連れて行ってもらう。
立派な仏壇のある座敷で美味しい鴨汁そばをいただく。
3時過ぎに「時の宿すみれ」にチェックイン。
宿の周辺は雪が深い。
雪見の露天風呂を楽しむ。
対岸に野猿が姿を現す。
カモシカの足跡もある。
風呂上がりは部屋で読書。
眼鏡堂氏に勧められた野口卓「軍鶏侍」を読み始める。
待望の米沢牛三昧のディナー。
本日は僕らと若いカップルの2組だけ。
大雪でキャンセルがあったそうな。
2組で静か、貸し切りの露天風呂も独占できる。
部屋に戻りふたたび読書、「軍鶏侍」なかなか読ませる。

軍鶏侍 (祥伝社文庫)

軍鶏侍 (祥伝社文庫)

ヒロは図書館で借りた「オリンピックの身代金」を読んでいる。
23時過ぎ就寝。


(とりあえず数カットの写真のみアップします)