2013/3/2 後悔ではないけれど…。

毎晩、ノルディックの世界選手権を見ている。
複合ラージヒル団体、日本惜しくも4位。
それにしてもカラフルなこと。
  



…今朝はゆっくりと1時間走とする。
で、結局走ったのは8キロ強、53分14秒でした。
平均ペースは6分半、これでフルを走れば4時間半くらい。
ずっと続けてればイケるような気がしてきた。


土曜日、少年球児たちが御前浜のビーチを走る。
  


ユリカモメやカモはのんびり昼寝。
  


芦屋浜の水路では学生たちのカヤックが励む。
ちょうど僕が走るのと同じくらいのペース、並走するのも気持ちいい。
  




…きょうは走りながらPodcastを聞く。
TBSラジオの「たまむすび」にジェーン・スーというDJ(?)の女性がゲストで出演、
「三十路の心得10箇条」をテーマに話をする。
帰宅後、本人のブログに詳細がアップされていた。
http://janesuisjapanese.blogspot.jp/2013/02/vol6-10.html
男だけどコレ読むと自分自身の成長がいかに遅かったかというのを痛感する。
似たようなことを考え始めたのは四十代でメタボになって、心身ともに危うい状況になってからのこと。


この10箇条で特にズキンと胸にささったもの。


  その一、まだ未婚ならば早めに(結婚)すべし。
  その二、ハッと気付けば38歳になっているので覚悟すべし。


なぜなら三十代女子というのは毎日が楽しくて結婚のことなんて考えなくなるから、とのこと。
男でも僕のような自由業で、離れて住んでいた母親以外に支えてあげるべき人間がいないと同じようなもんだよなと思う。
いや母親さえも金で済ませていたような気がする。
30代、正直自分のことしか考えずに好きなことして楽しかったもの。


究極はこれですね。


  その七、愛されるよりも愛すべしマジで。


恋愛だけじゃなくて仕事も遊びも全部、受け身じゃなくて傷つくまで。


それとオススメしたいのが、


  その四、馬鹿にしていたことをなにかひとつ始めるべし。


これも僕の場合、気がついたのは四十代になってからだった。
居直ってしまうと、恥ずかしいという感情が薄まった。
(反省文をつけてひとつずつ検証したいと思います、ので、つづく)


     



…野口卓『軍鶏侍』読了。
面白かった。

軍鶏侍 (祥伝社文庫)

軍鶏侍 (祥伝社文庫)