2013/9/20 ひやおろしの夜

NHK「仕事ハッケン伝」、今週は巨大CDショップで音楽通の六角精児が働く。
彼が公園で聞く音楽 パークミュージックの売り場コーナーを企画し、
選曲したCDに中村まりとロンサム・ストリングスのアルバムが入っていた。
六角精児、わかってらっしゃる。


  
手書きの紹介文にどんなことが書いてあるのか知りたいな。


フォークロア・セッション

フォークロア・セッション



…真夏日、日差しは熱いが盛夏ほどの力はない。
もうすぐ、暑さ寒さも、のお彼岸なのだ。
さくら夙川駅前の薬局でドライアイ用の人工涙液ソフトサンティアを3箱購入。
ここは処方箋薬局で、なぜかドラッグストアより一箱120円も安いのだ。


大阪マラソンの取材対象への電話連絡のために出社。
途中で遅い昼食、西天満「食堂玄氣」でキーマカレーかトマトカレーでも、と思ったが、
そういえば駅前ビルの地下に辛口のスズメバチカレーの店が出来てたなあと思い方針転換。
ところが、お昼休みで営業は18時からとなっている。
それじゃあ僕のソウルフードの堂島「インディアンカレー」だ。
今日はスパゲッティにする。
ジュンク堂で「カレチ」第5巻を図書カードで購入。


今夜は一仕事して大阪城を走るつもりで出社したのに…。
なんだかんだで9時過ぎから天神橋の名居酒屋よしむらで久々の独酌。
愛媛の「石鎚(いしづち)」の純米吟醸中汲みと宮城は塩竈の名酒「阿部勘(あべかん)」のひやおろし。
阿部勘のひやおろし(秋あがり)は原酒で17 度ある。
こいつが旨い。
肴はブランドものとなった大阪湾のいわし、炭火焼きです。
どうだ、倍返しだ!まいったか!
  


何を倍返しするのかよくわからないですね。
巷をそんな 倍返し が飛び交ってる2013年の秋です。


そういえば一昨日、A部さんと十三の立ち吞みで「半沢直樹」の話をした。
曰く、ドラマは面白いが、どうしても許せないのが上戸彩だという。
え?
上戸彩いいじゃないですか。
とりたててファンだというわけじゃないけど、半沢の嫁さんキャラの花は好きです。
A部氏は、演技が下手なのが耐えられない、とのこと。
あの嫁さん役、僕も最初は違和感あるなあと思ったが見るうちに、こういうのもありだよなあ、と思い、
今では半沢にとって、ちょっとバカ嫁を(演じている)花 こそが救いなのでは? と思うようになった。
ドラマでも家庭のシーンになると癒される感じがある。
(なぜか息子タカヒロはドラマに登場しないのだ)
上戸彩の演技が上手いか下手かは判断しかねるが不自然には思えない。
きっと生理的に受けつけないのだろう。
そうかあ、そう見てる人もいるのか。
でも、その方が多面的で世の中 ずっと面白いと思う。
みんな揃って絶賛する圧力に耐えられない人間なので…。