2014/9/4 晩夏酔極上八戸沖鯖

早々に仕事に復帰する。
とは言っても二つの会議に出席するのみの楽な一日。
午前中、雨降る中、カッパを着てジムへ行く。
ストレッチ&レッグカール太もも後ろの筋肉を鍛える。
出勤もカッパ着て自転車で駅まで走る。
8月からこっちずっと日本は濡れている。


全米オープンテニスで錦織がパブリンカを破りベスト4進出!
次はジョコビッチとマレーの勝者と準決勝だ。
日本人選手の準決勝は伊達公子ウインブルドン以来。
ジョコとの組み合わせならユニクロ万歳だ。


ドキュメンタリーの企画を勝手に考えていた老ジャズピアニストが先日入院されたことを聞く。
そうそうグズグズしているといろんなことが急ぎ足で進行していて間に合わなくなる。
是枝監督の映画「歩いても、歩いても」のメッセージを思い出す。

 
  人生はいつも…少しだけ間に合わない。


自分にも残された時間は多くない。
きょうから走りだそう。


…雨の予報が外れた。
月が出ている。
夕方から中之島をA藤、T夢の3人で走る。
蒸し暑い。


アフターランは、待ってました! の老松町「ゆず屋」の宴。
極上の八戸沖サバを堪能する。
九月だがまだ秋の気配はない。
晩夏酔極上八戸沖鯖、だ。


老松通りの路地を入る。

  


2階の座敷は満席だった。
この野菜の素揚げがまた絶品。
  


炙ってよし。
焼いてよし。
しゃぶしゃぶしてよし。
  


しゃぶしゃぶのダシで雑炊。
薬味のさば節(+トビウオ節)が堪りません。
追加で焼鯖のひつまぶしを食べる。
死ぬまでにもう一度食べたいと思わせる旨さ。
  


二軒目はお隣の「ラビット」でフルーツ系ドリンクをいただく。
京都にありそうなお洒落な店でお値段も気後れするほどです。
案の定、気後れしつつヒューガルテンを飲む。
腹一杯だったのでハンガリーの国宝ベーコンは食べられず。
一階のカウンターは対談番組の収録が出来そう。
ほぼ終電で帰宅。