2014/11/14 近江を歩く Day 2 (未)

鈴鹿山系綿向山 1110m に登りました。 
おととしの2月、積雪期に登った山を、季節を変えて、登るのもオツ。
あのときは樹氷がきれいだったなあ。


たおやかな峰。
歳を重ねるとこういう山もいいなあって思えます。
  


快晴の朝、アクアイグニス片岡温泉にて目覚める。
6時半過ぎに朝風呂につかる。
男女が入れ替わって間違えそうになる。
7時半に奥田食堂にて朝食。
夕食のカレーやとんかつはイマイチだったけど和定食は素晴らしい。
魚は焼きたて、これとバイキング形式でドリンク、ご飯、味噌汁、ヨーグルトとフルーツがついて1200円。
ご飯一膳半、完食しました。
  


昨日超えてきた鈴鹿スカイラインを戻って滋賀側へ。
10時前に御幸橋駐車場から登り始める。

  


山麓の冷気が気持ちいい。
  


一合目を過ぎたあたりでジャケットを脱ぎます。
汗ばむ前に早めに着替えないと秋山は汗冷え禁物。
  


しばらく杉の植林地帯が続く。
杉の林はしーんと静まりかえってます。
鳥がいないからです。
  


この子は “はじめての山登り” です。
  


綿向山の登山道は本当に歩きやすい。
神社の参道につきマウンテンバイク、トレールランニングはご遠慮ください」とある。
走りたいと思える道なのです。
一合目から九合目まですべて表示がある。
  


落ち葉のクッションが足にやさしい。
そろそろ七合目かな。
  


七合目のブナ林。
冬はここでチキンラーメンを食べた。
樹氷が美しかった。
  


冬は直登したが今は夏道を歩く。
尾根をトラバースする感じで登ります。
  


  


カラマツの黄葉。
  


頂上直下の階段。
見晴らしがいい。
  


登山口からほぼ2時間で登頂しました。
  
  
冬はガスって見えなかった鈴鹿山脈の大展望が広がる。
  


山ごはんはフカヒレ雑炊、卵落としです。
  



  


  


  


  


  



…5時頃、ペンションいぶきに投宿。