10/1/1 風が強く吹いている。

いつもと同じ元旦を過ごす。
結婚して二人で暮らすようになってからずーと同じ過ごし方。
起床、コーヒー、ジョギング、お屠蘇と雑煮、駅伝観戦、天皇杯観戦…が恒例。
どこへも行かない。
出来ればいつまでも続いたらいいなあと思う小市民的(?)な元旦です。

 


10時前からジョギング。
穏やかな陽気、季節風はそれほど強くない。
ニューイヤー(実業団)駅伝を聴きながら2区のランナーと並んで走る。
スズキのマサシがトップを走る。
スズキ、トヨタ、ホンダ、日清、上位は自動車とラーメンの対決。
日産は陸上部が休部した。
株主に外国人が多くなると簡単にスポーツを切ってしまう。
「エキデン?何それ」って感じだろうか。
(それだけの理由ではないだろうが)


びわ湖駅伝に出場したランナーも多数出場している。
第一工大のエース中野は安川電機の1区を走る。
京産大の選手が目立つ。
井川(大塚製薬)、村刺(YKK)、森田(山陽特殊鋼)、渡辺(NTT西日本)、大西(NTN)。
「あ、この選手は西脇やなあ」
仙台育英高校駅伝の最高タイム出した時の3区の子や」とか。
ヒロは選手を出身高校で言う。
それに自分でニックネームをつけて呼ぶから困る。
富士通の堺(駒大出身)は“ふとももクン”、太田は“じゃがいもクン”とか。


1区はルーキーの木原(カネボウ)が区間賞を獲った。
去年の箱根で2区を走った中央学院大のエースだ。
各校のエースが2区を避ける中、堂々とエース区間を走りきった。
気骨あるランナーという印象がある。
(大学の事情もあるのでしょうね)
去年はミもフタもないコメントwp連発した解説の瀬古節も今年は大人しい。
どうやら対中国電力になるととんでもないコメントが出る傾向がある。


5区の後半、上州のからっ風が強くなる。
そう、風が強く吹いている、だ。
強いランナーがここぞとばかりにスパートをかけ勝負に出る。
ホンダの藤原、中国電力の佐藤、トヨタ自動車九州の今井。
あの小説の台詞にあった。
ランナーの最高の誉め言葉は、速い、じゃない、強い、だ。


ニューイヤー駅伝を制したのはルーキー佐藤と北村を起用した日清食品

続いて天皇杯決勝。
ストイコビッチ監督の名古屋を応援したが試合巧者ガンバの敵ではなかった。
特にゲゲゲの遠藤が素晴らしい。
1-4でガンバが天皇杯連覇、凄い!


続いてたまたま流れていたwowwowの映画を見てしまう。
ジュラシックパーク』のいわゆる#1です。
二人とも見たことあるはずなのにほとんど忘れていて楽しめた。


夕食後はSASUKEを4時間見てしまう。
今回はレベルが高く、ついに3人目の完全制覇成る。
ファイナルを制したのは「靴屋の営業マン」だった。


…昼はお雑煮。
大阪風に白味噌仕立てに丸餅2個入れる。
お屠蘇のつまみになんと1200円の高級蒲鉾。
夕食は米沢の友人から送られてきた米沢牛のすき焼き。


玉戸翁の年賀状が相変わらず傑作だ。
(T戸さんは僕の大先輩にあたる演出家、10年ほど前にリタイアされた人)
筆文字で豪快にあけましておめでとうございます、とある。
おそらく万年筆で書いた文面を紹介する。(いいですよねT戸さん)


 どうだろうか、めでたいのか、めでたくないのかよくわからん。
 でもいいよね。日本中が休むんだから。
 塩田様、おっちゃん どっこい生きてるも〜ん。
 元気でね。


いいでしょ?