10/6/27 去年プリンス、今年はキング

日本ゴルフ界に“キング降臨”の一日でした。
高校時代、石川遼からキングと呼ばれていた先輩 薗田峻輔(20)がツアー初優勝!
ミズノオープンよみうりクラシック(三菱東京何たら銀行と同様の合弁系トーナメント)、
3日目が雨で競技中止となり迎えた最終日、単独首位でスタートした20歳のルーキーが優勝。
薗田クン、20歳なのに数々のアマタイトルをとってるだけあって風格ありました。
それでもプロ初優勝目前、17番ティーグランドあたりからかなり緊張してる様子が見えた。
あのあたりから五輪やワールドカップばりの超クローズアップ入れてもよかったのでは?
と最近、スカパー執行委員氏のスポーツ中継コラムにハマってるのでそんなことを思ってみる。
ゴクリとツバを飲み込んだり、息を大きく吐いたり、かなり表情に変化が見られたぞ。
それとあえて勝者は孤独であると思わせるワイドショット。
加えてキャディがハウスキャディのおばちゃんである初々しさ。
あとからは何とでも言えるけど。


ホールアウト後、後輩のリョウと抱き合うキング。
20歳でのツアー優勝なのだ。
2年前は高校生だった。
石川遼を除けば歴史的快挙だと思うが…。
     


   
おそらく杉並学院高時代の二人。
薗田クンは高校野球スラッガーのようだ。

 
    


ちなみに去年の最終日の日記のタイトルは『美しき夏のトリコロール』
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20090629#1246238869
このあと石川にロングインタビューをして、これが番組のタイトルになるとは
日記を書いた時点ではまったく想像もしていなかった。
ブログも馬鹿に出来ないぞ。



…優勝が決まる頃には厚い雲も消え日が差す。
西宮名塩駅までタクシー相乗り、JRに乗り継ぎ西ノ宮駅。
駅前の『万(ばん)』という居酒屋で少し飲む。
店員にいろいろと構われるのがうっとうしい。
独酌の客は放っておいて欲しい。
真山仁『ベイジン』が佳境に入ってきた。
門田が現場からはずされた! 核電運開に黄信号が点灯。
(読んでない人にはわかりませんよね)
帰宅するとヒロが焼きそばを作る。
あんまり腹減ってないけど食べなきゃな。


龍馬伝』、録画したまま3回分くらい見ていない。
焼きそば食べながら思わず今日のOAを見てしまう。
西郷吉之助が登場、なんと高橋克己!
この大河は本当に意表を突いたキャスティングをする。


…愛読しているブログに『スポーツ見る者語る者〜フモフモコラム〜』がある。
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/
最近ではウインブルドンの最長試合のコラムも爆笑ものだった。
本日付の「エマニエル・ブブエさんに学ぶ…」が最高です。
ツボにはまった。
腹痛い。
ヒロにも見せたが大受けでした。
ブブエ(コートジボアール)はアーセナルの選手。
右サイドの突破力のあるプレイヤー。
でも、このオトボケぶり(大真面目?)、さすがにプレミアレベル。
彼がエディ・マーフィーかボビーに見えてきました。
http://www.youtube.com/watch?v=shXyZ4RbwCs(動画)


どこかの国の番組でとりあげられてます。
何度聞いても何語かよくわからない、イタリア語にも似てるけど違う。
スペイン、ポルトガルでもない。
You-Tubeの投稿者がボスニアからなのでボスニアのテレビか、
ボスニアから見られる国のテレビなのだろうけど。
スタジオのモニターに映っているのはポルトガルの国旗みたい。
とにかく大受けしてます。
かすかに映るだけですが、北朝鮮のコーチも笑ってます。
わずか数秒のクリップだけど何度見ても発見がある。
http://www.youtube.com/watch?v=IYIGIMIBj48


アーセナルのブブエ、これから注目したいと思います。


…ヒロが万華鏡を作った。
西宮貝類館での手作りカレイドスコープ教室に参加したのだ。
去年も同じミズノオープンの最終日に万華鏡を作ったことが日記に残っている。
2作目はグリーン中心(写真ではうまく撮れていない)
イングランドの敗戦でショックを隠せないパディ(ロンドン パディントン駅にて購入)、
きれいな万華鏡を見て悲しい現実を忘れようとしてます。