2004/10/1 新しい月始まる


起床8:00 イチローの試合を6時頃から観ていてまた寝てしまう。
イチローは1安打、シスラーの世界記録にあと1本と迫った。
生島さんはどうやら間一髪で間に合いそうだ。
買ったばかりの低反発まくらを使って寝た。なんやら肩が凝ったような気がするのは?
寝ているときは気持ちがいいのだが…。
もう少し様子を見よう。


体重73.45とちょっとだけ前日より減る。
理論的には適正カロリーとちゃんとした運動量があれば人間は理想体重(標準体重)に近づいていく。
それには3ヶ月か半年、ときに1年以上かけて階段状に落ちていくらしい。
じわじわではない。あるとき数日で2キロくらい落ちたりする。
これは根負けしないように、病気克服と同じだ。
今日はいい天気。仕事を再開する10月の始まり。
朝はニコレッタで煎れた珈琲とベーグル1/4、血糖値はジャスト80、
朝の血糖値は120-130くらいでいいですよと言われたが退院以来ずーと80台だ。
インシュリン減らしてもいいのかなあ。
増減しても2単位の範囲内でと言われているのだが減らしても昨日の昼のように56なんてなるし。
もう一段階くらい減らして様子を見たいのだが。


…午後12:55 Jog&Walk終了。
まだ暑いが気持ちのいい青空。海が青くきらきら光る。
今月はJog&Walkを出来るだけ継続することを最優先する。
無理して走らなくていいから5キロを約1時間ほどかけてジョギングする。
景色のいい場所は歩く。
つなぎの場所はジョギング、最後の芦屋のヨットハーバーからビーチウォークまでは必ずジョギングしよう。
決めごとはそれだけ。とにかく毎日運動は続けるだけでいい。
多くを望んで途中で止めてしまうのが最悪。
ヤンキースの試合を観ながら血圧を測る。
血圧計がういーんと圧を加えている真っ最中にバーニー・ウイリアムスがサヨナラホームランを打った。
血圧計は144-99となっていた。びっくりして測り直すと122-80と普通の数字になっていた。
やっぱり興奮すると血圧は上がるんだ。
星野仙一も気をつけて欲しい。


…午後11:56 今日も寝るのが遅くなってしまう。
病気のリハビリ中なのだから夜更かしはダメなのだ。
目標、日付が変わるときにはデスクに座っていないで布団の中にいて心拍数を50台にしておくこと。
今日はYTVに行く。まずは歩いて阪神西宮駅へ。
途中で低血糖用の「ミルキー」を買う。駅のトイレで血糖値を計測、75。
昼は梅田の阪神百貨店の地下の立ち食い貧乏人食堂でカレー丼を食べる。
ここのは安いが量がすごく少ないので糖尿病に丁度いい。
お芋の店「らぽっぽ」でYTVへ復帰のご挨拶の手土産にミニシュークリームを買う。
ほんとは自分で食べたいがここは決意を見せて我慢しなければ。朝食用のベーグルを2個買う。
ここにある「ベーグルK」のプレーンが一番ベーグルらしくて美味しいと思う。
家に帰ってホットプレートでお好み焼き、夕食前の血糖値は75だった。
ちょっとソファで横になっていたら小一時間ほど寝てしまう。中日が優勝しプレイオフは西武が勝つ。
1974年だったか中日が優勝した。高校生だった。
星野仙一が胴上げ投手でキャッチャーの木俣と抱き合った。
監督は与那嶺だった。
♪遠い夜空にこだまする竜の叫びを耳にして中日球場詰めかけたファンをじーんとしびれさす、
いいぞ頑張れドラゴンズ 燃えよドラゴンズ…。
板東英二の歌声が中京地方に響いていたのはもう30年前のことだ。
今年の中日の優勝には何の感慨もない。
でも、あのときは長嶋引退で一つの時代が終わった年だった。
1988年に星野ドラゴンズが優勝したときはバースが解雇、掛布が引退、阪急と南海が身売りした年だった。
そして今年も…中日が優勝するのはいつもこんな年のような気がする。
♪一番高木が塁に出て 二番谷木が送りバント、三番井上タイムリー、四番マーチン、ホームラン、
いいぞ頑張れドラゴンズ 燃えよドラゴンズ…。
こんな威勢のいい応援歌に「送りバント」はないだろ、
その頃熱烈なファンだった高校生の僕は何の疑問を抱かずに歌っていた。


閑話休題 なんとなくチャンネルを変えると「ダイ・ハード」をやっていた。
高層ビルのテロの一番最初のやつだ。
フルース・ウイルスがぶつぶつ愚痴を言いながら一人一人テロリストを倒していく。
面白かったよなあ、と観ていると最後まで観てしまう。
さ、寝よう。
眠前の血糖値106。


8:30 ベーグル1/4・珈琲(50)
10:00 ご飯・エノキ入りの吸い物・鮭の粕漬け・茄子の油炒め・白和え(640)
13:30 オレンジジュース1/2缶・ミルキー(100)
14:00 カレー丼小(400)
19:50 豚玉お好み焼き(600)