2012/9/1 初秋

新しい月、新しい季節。
気分を変えようとデスクトップピクチャーを変えてみた。
  
おそらく舞子か朝霧あたりからの明石海峡を望むロケーション。
こちらの写真家のサイトから拝借しちゃいました。
http://kakogi-photo.jimdo.com/
他にもいい写真満載。
洒落た構図、ライティングで自転車のある風景の写真を撮ってる人です。


…スタンダードに「September Song」という歌がある。
去年の九月の初めにもこの歌のことを書いた。
9月が来ればもう一年はすぐに終わる、と秋の淋しさを歌う。
我が弧状列島の九月はとてもそんな気分になれないけど。


    Oh, it’s a long, long while from May to December
    But the days grow short when you reach September
    When the autumn weather turns the leaves to flame
    One hasn’t got time for the waiting game


    Oh, the days dwindle down to a precious few
    September, November
    And these few precious days I’ll spend with you
    These precious days I’ll spend with you


    五月から十二月までは長い   
    九月を迎えると残りはあっという間   
    秋が木の葉を紅く染めるとき
    たわむれに時間が失われていく
    大切な日々が残り少なくなってゆく  
    九月 十一月 … と
    だから貴重な日々をあなたと一緒に過ごしたい


                  September Song


9月になればもう1年はあっという間に終わるよ。
さみしいね、という唄です。
映画でビング・クロスビーフランク・シナトラが歌っている。
今思えばものすごく贅沢なデュエット。
    


スペンサーシリーズの傑作に『初秋』がある。
名言に満ちている。


  『何か重要なことについて、例えば、お父さんがまた、自分を誘拐するかも知れない
   ということについて考えるときは、彼が試みるかどうかについてあれこれ考えるよりは、
   彼が試みたときにどうするのが一番いいのか、ということを考えた方がいいんだ。
   彼がやるかどうかは君には判断できない。彼の考え方しだいだ。
   君が試みた場合にやるべき事を決める。それは君の考え次第だ。わかるか?』


  『自分がコントロール出来る事柄がある場合には、それに基づいて必要な判断を下すのが賢明な生き方だ。』


  『そんなことはどうだっていいんだ。要は自分はこうあるべきだという考えにとらわれないことだ。
   自分に出来ることなら、自分の気に入ってることをするのが一番いい。』


自分にコントロール出来ないことで思い悩むな。
悩める30代の当時の自分にとってボストンのタフガイの言葉は合理的で力強かった。


…9月は週末デスク2連投で始まる。
京橋へ着くと激しい雨音がする。
いつもの南口ではなくツインビル方面からアプローチ。
夕立とゲリラ豪雨は違う現象なのだろうか。
雷鳴は遠かった。
  


…8月は11勝20敗という成績に終わる。
今年に入って2月以来の負け越しとなる。(負けはアルコールを飲んだ日)
年間通算で122勝122敗、図らずもタイとなる。
負けの内容は日本酒換算で2合以上飲んだ日、大負けが9日ある。
これで体重はほぼキープなのだから筋トレで基礎代謝が上がったおかげだろうか。
気を緩めるとすぐに元の木阿弥になるので、調子のってんじゃねえぞ、自分に言い聞かせる。


8月の体重増減はこんな感じ。
    


9月は5つは勝ち越したい。
18勝12敗が目標。
12敗のうち大負けは5日以内にしよう。