2012/12/29 みなさん、元気でね!

本日、「阪神巨人OB戦」の放送が終わった。
これでミッション・コンプリートということになる。
スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
元気でね!
OB戦に出場した選手たちではないが齢55にもなると何かが終わると嬉しい反面さみしいものですね。
奇遇だけどOB戦は、開局55年記念番組で、僕が55歳で、たまたまエンディングに使った曲が55年前のヒット曲。
そして、つい昨日、ニューヨークの55番が現役引退会見をした。(かなり無理な奇遇だけど)
       


思えば自分の世代は彼の高校時代から引退までずっと松井秀喜の野球を見続けてきた。
スタートは彼が高校1年だから20歳で檜舞台に立ったイチローよりもずっと早かった。
松井が○○した年というのが自分の年表に添えられるような存在でした。
個人的にはいくつか思い出がある。
90年代、巨人時代に番組に出演してもらったときに小さなエレベーターで二人っきりになったことがある。
ちょっとだけ話をしたのだが少し上を向いてヒーローインタビューの時と同じように僕の場つなぎの世間話に答えてくれた。
同じ番組に出た新庄と二人っきりで話をしていたのを同じ部屋の片隅で聞いた。
新庄が「そうかあ、おまえやっぱり遠山さんイヤか。ハハハハハ、じゃあ、湯舟さんは?」
みたいな会話をしてた。
年上なので当たり前だけど新庄のタメ口に、え? と思った。
2000年のOB戦でも巨人ベンチで取材した。
当時、松井は現役選手として出場した。
バースと江川の対戦を見ながら高校生みたいにはしゃいだ。
松井「バースの7試合連続ホームラン! ピッチャー江川さんですよ、1986年後楽園場外! 」
阪神オタクみたいにすらすらっとデータが出てきて驚いた。
メジャーに行ってからは取材する機会はなかったがシアトル(2003年)と、ボストン(2005年)で試合を見るチャンスがあった。
ボストンで松井はホームランを打って、ヤンキースは地区優勝を決めた。
当時、松井秀喜は当たり前のようにヤンキースのスタメンだった。
今さらながらそのことに偉大さを感じる。


…今日から2日はニュースデスク。
最近、高校ラグビーの取材がなくなったので開店休業みたいなものだ。
天皇杯ガンバが決勝進出を決める。
相手はレイソル、もしかして元旦優勝を土産にJ2に降格するという事態になるかも?


…平成24年の源泉徴収表をもらう。
わかってはいたけど前年から100万以上減額かあ。
プロ野球選手には減額にリミットがあるけど僕らにはない。
今シーズン(ことし)、後半に少し盛り返したけど前半が悲惨だったものなあ。
やっぱり、レギュラーの仕事がないと安定しませんね。
WEBでカレーのcoco壱が業界一人勝ちしてるってニュースを読んだ。
http://biz-journal.jp/2012/12/post_1235.html
「これといって特徴がなく平凡な味」のココイチがなぜ人気を持続させているのか。
以前、テレビに社長が出演して言ってた。
「うちのはそこそこ美味しいくらいでいいんです。カレーが食べたいと思ったお客さんを満足させる味なんです。」
深いなあ、と思った。
僕はインディアンカレーも好きだがココイチへも月に一度くらいは行く。
決して吉野家松屋みたいに安くないのに。
仕事もココイチみたいに安定した味とバリエーションを提供していけたらいいなあ。
そんなことを考えていたらココイチに行きたくなった。
夜はJR西ノ宮駅前の店でココイチスープカレーを食べた。
これもとりたてて凄く美味しいわけじゃないけど合格点、の味なのだ。


夜、筋トレしようとポートウェーブ西宮へ行くがすでに年内の営業終了。
運動が出来ていない。
阪神巨人OB戦のツイートをまとめたり、ブログを検索したりして過ごす。
ツイートまとめ   http://togetter.com/li/430777
ブログ       http://blog.livedoor.jp/torachichi/archives/21745913.html