2013/2/19 蔵王の樹氷原を歩く day3

蔵王温泉からのロープウエイ、果てしなく広がる霧氷の森を俯瞰する。  
  
  


【行動メモ】
たっぷり眠り7時起床、朝風呂に入る。
天気予報はかんばしくないが奇跡的に晴れたらアイスモンスターゾーンを歩こうと目論んでいた。
豪華な個室での朝ごはん、窓の外の雪景色に時折、光が射す。
行けるかも?
淡い期待を抱いて蔵王方面へ向かう。
米沢市内に入ると横殴りの雪、蔵王温泉に上がるときには暗い雪雲に覆われていた。
ロープウエイの山麓駅でリサーチする。
下りてきた登山客に聞くと地蔵山山頂付近はホワイトアウトで何も見えなかったらしい。
往復2500円×2=5000円の出費を無駄に使いたくない。
帰りの便を18時から16時に早めることは可能だ。
今、13時、空港までは1時間で到着するがそれまでどこで時間をつぶそうか、などと車の中で思案する。
山が見えてきたよ、とヒロが言う。
少し霧が晴れてきた。
山頂行きではない別ルート、温泉発のロープウエイ付近の霧氷林が白く浮かぶ。
モンスターは無理でもゴンドラからあの霧氷の森が見えるかも?
ダメもとで往復することを決める。
往復1200円×2、これくらいならとゴンドラに乗りこむ。
正解だった。
高度を上げると霧氷の森が果てしなく広がる。
この世のものとは思えない幻想的な美しさ。
モンスターよりこっちの方がいいかも。
鳥兜駅に到着、氷点下10度。
寒いが美しい。
圧雪用のラッセル車が通過する。
霧がしだいに晴れてくる。
思えば2007年の秋にこのあたりを歩いた。
目の醒めるような紅葉の山だった。
今回は雪と氷の世界
霧氷の森に浮かぶ三角屋根の山小屋。
ファンタジー系の映画のCGで造ったワンシーンのようだが、紛れもない現実。
帰らないで良かった。
2時過ぎに山麓へ戻り3時過ぎに空港へ到着。
機上の人となる。


(とりあえす写真をアップロード)