2013/11/8 Night in SONODA

久々にロードバイク Giant に乗る。
最近は通勤用おっさん自転車かブロンプトンばかりだった。
こいつは中古で買った25年前のクロモリロードだけど、タイヤやチューブを何度か換えただけで今でも現役。
サドルなんて3台のバイクに乗り換えて、80年代の欧州やアメリカ西海岸を走った歴戦の強者だ。
フロントチューブを交換して両輪にエアをパンパンに充填する。
3ヶ月ぶりにロードレーサーに乗ると…!
うわ、むちゃくちゃ速いやんか。
甲子園まで10分かからない。
自分の速さに恐怖心が沸く。
ドロップハンドルをフラットバーにしてるし、
スタンドもついてるので、一見 街乗りバイクに見えるが、羊の皮をかぶったインパラなのだ。
こいつにまたがると気持ちも若返る。  

   


朝、少しだけ走る。
2キロ走ってその地点で折り返した。
復路でウインドスプリントってのをしてみた。
80m〜100mくらいを全速力の80%くらいで走る。
フォームを意識して全力にならないように余裕をもってしっかりと走る。
走ったらジョッグに戻る。
それを3セット。
セカンドウインドACの本によると、練習の最後にウインドスプリントをやっておくと翌日にいいフォームのイメージが残るらしい。

誰でも4時間を切れる! 効率的マラソンメソッド (Ikeda sports library)

誰でも4時間を切れる! 効率的マラソンメソッド (Ikeda sports library)


…きょうはオフ。
ロードバイクでユニクロ無印良品へ買い物、タリーズで珈琲ブレイク、阪急夙川に駐輪して園田へ行く。
競馬名人の阿部老師に誘われて園田競馬
東京の大井にならってここもナイター競馬を開催してて今日がシーズン最終日でした。
関西に30年も住ん出るのに関西の競馬場はどこへも行ったことがない。
関西競馬初体験。
競馬などのギャンブルには熱くなれない。
でも、昭和テイストの場内の飲食店には興味がある。


園田駅に降り立つのは何年ぶりだろう?
確か震災直後に神港学園のエースの子が近くのバッティングセンターで練習してるって聞いて撮影に来た記憶がある。
その春のセンバツに出場した杉本って投手だ。
当時のキャッチャーが巨人にいて古巣の横浜へ移籍した鶴岡捕手でした。
震災の年に高校生だった彼らもことし36歳になる。
   


競馬場へは連絡バスで行く。
競馬新聞を買うと入場券がついてくる。
お、けっこう賑わってるぞ。
ナイター競馬だからいつものコアな競馬ファンだけじゃなくて会社帰りのスーツ姿や女性もいます。
   


園田屋、そうそう、これこれ、この感じ。
昭和テイスト満載の場内食堂です。
お店には園田競馬のアイドルグループの女の子が1名ずつヘルプしてます。
   

一番そそられたのは場内の端にある「西ホルモン」というお店。
そこだけ独特の胡散臭さが充満してて戦後って雰囲気。
ホルモン定食みたいなメニューがあって樹脂製のプレートにホルモンの旨煮とライスが載っている。
今度、機会があったらお昼に来てビールとともに食べたい。
こんなのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/emperor67green/41974516.html


園田屋でA部氏とキリンビールを飲む。
8.9レースをとった老師はご機嫌で寒いけど老師は熱くなってるのでビールは上等っす。
つまみは…カレーのルーのみというそそるB級。
   


スタンドの2階にあるミュンヘンという食堂の陳列棚。
僕らの世代がイメージする食堂の王道です。
「ヒロシ、何食べる? なんでも好きなもん言い」
「……チキンライス」
みたいな風景。
   


園田ナイター競馬は大人のワンダーランドです。
馬券買わずに場内探検ばっかしてた。
A部氏は勝手にパドックと投票権売り場とスタンドを周回している。
ビールを飲むヒマもないほど。
ご当地アイドルもなかなかの人気と実力あり。
   


競馬新聞買ったけど何が書いてあるのが皆目わからず。
パドックを見に行ったA部氏にメールで予想してもらう。
メインの11レース、単勝が当たった!
800円ほどの儲け。
でも、最後に差した勝ちっぷりに鳥肌。


大きな動物が全速力で走る姿を間近に見られる。
美しいサラブレッドのスプリントと蹄の音が夜空にこだまする。
   


FBは凄い。
つい最近、友達になったばかりのダーヤマがチェックしていたらしい。
家が塚口なのでジョギング途中で園田へ寄ったのだという。
彼が来たら初めて当たった。
勝利のジョガー、と呼ばせてもらおう。
        


競馬場で飲んだのは、缶ビール1,瓶ビール1,ワンカップ熱燗1,黒糖焼酎お湯割り1 でした。
さて十三です。
競馬。僕はテキトーだったけどA部名人がしっかり2レース勝ってくれたので(8000円超のあがり)、十三のワインバーのご馳走にあずかります。
上等なシャブリとほうれん草のキッシュ、トマトと牛モツのトマト煮込み。
こんな嬉しいゴチがあるなら“つき合い競馬”も悪くないです。
もっとマジメにやれって?
        


僕の収支は…マイナス1000円かな。
酒代の方が高くついた。