2015/2/27 ベイマックスにオスカー平和賞を!

メモ:世界一の朝食 メイン州で食べた朝食 ヴァーモント州で食べた朝食 
   ベイマックス やりかえさない 不戦 ヒロ 日本のイメージ 涙 すごく面白かった
   5ブラヴォー ぬいぐるみ買おう オスカー かぐや姫 予告編とのギャップ 
   アベシンゾーはこれを見ろ 和をもって貴しとする 自尊心 勇気
   自分らが他より優れていることを自分たちで喧伝したり、日本素晴らしい本が並ぶ 
   かつてのナチスドイツのように 謙遜というメンタリティーが失われるとき 
   他者を貶めたり攻撃したり
   科学やテクノロジーは、人間を幸せにするためにあるものなのだ」というクリエイターたちの「善意」
   「力」を見せながらも、「本当の正義は、『力』じゃないんだ」と、観客に語りかけてくるのです。
   「やり返さない勇気」の映画 素晴らしい作品の世界観に「日本」の要素が取り入れられている
   ユニクロでコート購入 
   日本アカデミー作品賞 ゼロが受賞? 原作は嫌いじゃなかった 
   僕がそう読みたかったからだと思う  
   すっぺらい映画に思えた 「燃」で大汗かく
 

   


きょうの朝食は “世界一の朝食” のレシピで作ったパンケーキ。
本来はリコッタチーズを大量に使うのだがそんなものは無い。
ブルガリアヨーグルトを水切りして搾ったもので代用する。
それなりにふんわりと仕上がる。
bills のレシピだとこのプレートにバナナが載る。
http://cookpad.com/recipe/578194

  


欧米人はこういう甘い朝食が好きですよね。
10年前にニューイングランドを4泊5日で一人旅した。
LLビーンの本社のあるメイン州フリーポートでたまたま泊まったB&B、
同じ日に泊まった客によると朝食が評判の宿らしい。
で、出てきたのがパウダーシュガーのチョコレートケーキと、甘いフレンチトーストとカリカリベーコン、フルーツにヨーグルト。
宿のオーナーが自慢げにサーブして感想を聞いてくる。
胸焼けしそうだったけど、その圧力で残さずに食べた。

   
   

5泊目にヴァーモント州のストウという町に泊まった。
オールドスタイルの英国風B&Bで出てきた朝食は良かった。
典型的なイングリッシュブレックファスト。
やっぱり甘くない方がいい。

   



   



映画『ベイマックス』予告編