10/1/1 歌のチカラ

昨日の紅白で久石譲のプロデュースのテーマソング『歌の力』が披露された。
メインヴォーカルはアン・サリーというシンガー。
久石譲が起用したのだろうか。
なかなかいい人選だと思った。
不思議な魅力のある歌い手なのです。


僕がアン・サリーを知ったのは5年ほど前だろうか。
神戸のHMWの試聴コーナーでアルバムの1曲目を聞いて即購入を決めた。
ボサノバやシンガー&ソングライターの曲をカバーしたアルバムだった。
乾いた声なのだが艶があって、うっとりとしてしまう。
蘇州夜曲」や「星影の小径」も歌っててこれもいい。


アルバム『Voyage』の冒頭がこの曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=_ZvvpO78ZK4


『星影の小径』
http://www.youtube.com/watch?v=pMtg4HLLRt8


NHKだから出来る人選なのだろうな。
民放なら若者向けの売れセンを選んでしまう。
事務所やレーベルとのしがらみもあるし。
いやあ、アン・サリーは良かった。
許せないのは本番で歌い出しをとちったキムタク。
忙しいのはわかるけど。


『歌の力』
アン・サリー杉並児童合唱団
http://www.youtube.com/watch?v=UDcL24-gqYY


こども店長も歌ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=IRnxL4oCvJY


それにしてもこの動画きれいだな。