10/1/6 寒い朝

体重74キロになってしまう。
朝1時間とれない場合でも30分でいいから走ること。
たいした運動量ではないが朝走ると生活に芯が生まれる(気がする)


…11時に編集スタジオ入り。
仕事のことはあんまり書くべきことがない。
一応、してます。


Podcast久米宏の番組に永六輔がゲスト出演。
あの軽快なしゃべりではない。
重厚?
いや失礼な話だが鈍重な語り口。
軽いショック。


…夜7時過ぎ、セルジオと駅前ビル「山長梅田」で立つ。
『ど』という秋田の濁り酒を飲む。
これが旨い、そしてよく回る。


…22時過ぎに帰宅。
駅からの帰り道、冷え込みがキツく強烈な便意を催す。
自宅に着くとダッシュでトイレに駆け込む。
寒さに弱くなったのを実感。
もっと血行を良くして体温を上げないと。


NHKスポーツ大陸』の大逆転シリーズを観る。
今日はトリノ五輪荒川静香、ナレーションは高橋克美。
タチアナコーチからモロゾフコーチへ変える決断あたりがスリリングで面白い。
ヒロが昨日、一昨日の長野五輪のジャンプチームやリレハンメルの男子複合編を録画している。
ジャンプはあの団体決勝でテストジャンプを飛んだジャンパーに焦点を当てている。
バンクーバーへ向け気分が高まる。


…寒さが身に染みる。
でも、僕らが子供の頃はもっと寒かったはずだ。
愛知県でも11月になると霜が降りた。
でも、あのころの日本人はもっと薄着だったような気がする。
ダウンやフリースやヒートテックなんてなかった。


「寒い朝」の時代。
吉永小百合さんも浜田光夫松原智恵子もセーターにマフラー、驚くほど薄着だ。
いじけていないで、手に手をとって 自転車をひいてみんなで幸せに向かって歩くのだ。
http://www.youtube.com/watch?v=esH61UieOQg



「下町」の時代。
倍賞千恵子さんの健気がいいです。
歌うまいなあ。
そう、下町の太陽は、喜びと悲しみを映すガラス窓 なのでした。
http://www.youtube.com/watch?v=ja7WoATLvXk