2010/2/13 The Moment of Dreams

ジャンプノーマルヒル予選始まる。
昨日Nスペで見たシモン・アマンはどうだったろう?
と思ったが世界のトップ10は予選免除、シードだった。
ということは伊東大貴の4位は10人を除いてのランキングか…。
日本勢苦しいな。


Nスペ『ミラクル・ボディー』のエンディングテーマが良かった。
力強く、かつ哀しみのテイストが混じっている。
天性の肉体と精神を持ってしまったがゆえの悲哀を見る者に訴える。
iTune Storeで探すと…あった。
関山藍果「The Moment of Dreams」、即購入。
http://itunes.apple.com/jp/album/musica/id323649136


You-Tubeで聴けます。
http://www.youtube.com/watch?v=l9mwNYjsvoc


今回のNHKの五輪イメージソングはラルク・アン・シェル。
これが訴えるものがなく僕としてはイマイチ。
自分としてはこの「The Moment of Dreams」を五輪テーマとしよう。


…続いて開会式をチラ見する。
オランダは獲得した78のメダルのうち75がスピードスケート、とか。
常に二ケタの金メダルを獲得してきたノルウェイ、トリノ五輪は2つに終わりました、とか。
小国リヒテンシュタインの人口は開会式の会場にいるの人の数より少ない、とか。
そんなトリビア情報が面白い。


五輪が始まると落ち着かない。
今日中に書かねばならない台本があるのに…。


局へ出てVTRのチェック。
再放送の『ミラクル・ボディー』滑降編に目を奪われてしまう。
「滑降 時速160キロ 極限の恐怖に挑む」
一度見てるのにハイビジョンで見ると改めて凄い映像。
映画「マトリックス」を見てるかのよう。
滑降はノルウェイのアクセル・シュピンダルに注目。
自ら安全装置をはずせる精神力、あるいは狂気。


…夫婦で米沢を旅しているA部氏よりメールが届く。
温泉、米沢牛、地酒、そして雪景色。
うらやましい。