2010/10/26 冬の予感

遅く起きた朝、ゴミ捨てに出ると、あれ?空気が違う。
昨日までの雨で季節が入れ替わったみたいだ。
本格的な秋、すでに冬の予感。
寝坊のおかげで時間がない。
でも、少しでも走ろう。
3キロほど海沿いをジョギングする。
北風が強い。
シーズン最初の六甲おろし
御前浜の砂州にユリカモメが羽を休めていた。
風景が寒気に締まって輪郭がくっきりしている。


SONY CIBERSHOT DSC-T99 で撮影した御前浜(夙川河口)。


ユリカモメ、雅称を都鳥(みやこどり)という純白の冬鳥。


  名にし負はば  いざこと問はむ都鳥  わが思ふ人は  ありやなしやと  在原業平


京から東へ東へと流れ武蔵の国に着いた業平が隅田川の畔に立って詠んだ歌。
国道2号線、芦屋川にかかる橋に業平橋がある。
東京スカイツリーのある場所も葛飾区業平橋というらしい。


キース・ジャレットが長い闘病生活のあとに自宅で録音した曲です。
「シェナンドウ」 美しくも哀しい旋律。
秋から冬に変わる季節に合う。


…自宅に美術展の案内が届く。
「丹阿弥丹波子 銅販画展」
丹阿弥丹波子、はて、誰だっけ?
ヒロに問うと、東京行った時に画廊に行ったやん、と教えてくれる。
思い出した。
雨の日本橋
あの時、訪問帳(?)の住所欄に西宮と書いて驚かれたんだ。
遠いとこからようこぞ、と。
今年の2月、東京2泊3日、何しに行ったんだっけ?
ヒロの記憶の方が鮮明。
川崎のプラネタリウム、目黒の庭園美術館、目黒の駅で生島さんと会って…。
そうそう、思い出した。
夕方、銀座の伊東屋に行ったら、また生島さんに会ってびっくり。
そうそう、思い出した。
その3日間の日記を見ると3カットほどの写真とメモ程度にしか書いてない。
メモに、79歳のプラネタリウム弁士、小学校時代、名古屋科学館、とある。
うーむ、何かのエピソードを書きたかったのだろうが思い出せない。
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20100217/1266359080
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20100217/1266359317
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20100217/1266359471


日記は溜めないこと。
でも、こうして記憶がおぼろげになっていくことも自然の理。
仕方ない。


…ニュースデスク4連投の最終日。
ドラフト会議へ向けての取材会議、びわ湖駅伝のスケジュール確認などで過ごす。
ちょっと抜けだしてA部氏と珈琲。
ぐっと冷えこんで、こんな日は燗酒ですな。
A部氏に誘いに抗しきれず「よしむら」へ。
ストップ!おいしい夜、のはずなのに…。


熱燗3種と山形産の焼野菜盛り合わせ。


夜空に月の光が冴える。
帰宅するとリビングにカレーの匂い。
「おいしいよ」とヒロ。
抵抗不可。
ストップ! おいしい夜。
連敗記録更新中。


罪悪感を抱きながら眠りに就く。
子守唄にキース・ジャレット『枯葉 Autumn Leaves』を。