09/12/27 鈴木明子の『リベルタンゴ」

晴れ、一週間前に比べると冷え込みはかなり緩む。
起きたのが10時近い時刻、日曜は夫婦揃って寝坊。
いや日曜に寝坊するのは珍しい。
昨日はフィギュアスケート取材班を待ってOAを見て帰宅したのが2時近かった。


衣類、本、雑誌、郵便物などを整理する。


…享年という言葉がある。
先日、若いディレクターがテロップで「享年○○歳」としていた。
享年は歳は要らない、と訂正した。
今日、YAHOOのトップページに「享年○○歳」とあった。
あれ?
いろいろ調べると「最近は歳をつける用法も一般的になりつつある」とある。
http://www.weblio.jp/content/享年
そうなのか。
元々、享年は満年齢でなく数え歳だった。
今は当然ながら満年齢で使われることの方が多くなった。
(元日を基準とする数え歳という言葉さえ死語になりつつある)
「享年75」でも「享年75歳」のどちらでもいいらしい。
ただ音にすると歳の無い方が厳かな感じがする。


…夜は自家製カレーうどん。
ヒロとフィギュアスケート日本選手権を見る。
女子は10代の若手が粒ぞろい、育ってきてるなあ。
安藤、浅田の活躍、荒川の金メダル。
元はと言えば伊藤みどりから積み重なって生まれた財産だろう。
07年の世界選手権でいっしょに仕事をしたカナダのコーチが言ってた。
「日本でみどりがそれほど評価されていないのはおかしいと思う。
 彼女はすごく謙虚で慎み深いからえらそうにしたりしないけど、
 マオやアンドーやアラカワより世界は彼女を評価してるわ、
 彼女のやったことは凄いのよ。」と。
20年近く前にトリプルアクセルを当たり前のように飛んでいた。
2-3や3-3のコンビネーションも朝飯前。
謙虚はhumbleというのだとその時初めて知った。
You-Tube動画も海外からの投稿が多い。
http://www.youtube.com/watch?v=RA9O8DRvgmU


真央、ラフマニノフを舞う。
やっぱりキム・ヨナに勝てるのは彼女しかいないだろうな。
決まりだね、と僕が言う。
浅田真央、はじめてのオリンピック出場だ。
ヒロがつぶやく。
浅田がもし1年生まれるのが早かったらとっくに金メダル獲ってたわ。
2006年のウインターシーズン、浅田真央16歳。
グランプリファイナル制覇。
トリノに出場できたら案外簡単に金メダルを手にしていたかもしれない。
当時、キム・ヨナとは実力差は歴然だった。
もし、が続く。
だとしたら荒川静香は金メダルを獲ることはなかったかもしれない。
なぜ、トリノより前に年齢制限が出来たのか。
長野五輪金メダリストのリピンスキーは15歳だった。
考えようによってはリピンスキーの存在が真央の16歳での金メダルを阻止したのかも。
もし、を考えるのも面白い。

  


女子の代表は浅田、鈴木、安藤に決まった。
前回のトリノで安藤より順位は上だったのに代表を逃した中野はまたも敗れた。
でも、今シーズンは鈴木明子だろうなと思う。
フリーのウエストサイド物語のステップは圧巻だった。
なみはやドームは総立ち。
彼女は豊橋出身なのだ。
東三河だ。
(ちなみに僕の実家は西三河刈谷市


明日はメダリストオンアイス、エキシビション
鈴木明子はあの『リベルタンゴ』を舞うのだろうか。
去年の今頃、ヒロに鈴木のエキシビションは凄いよ、と教えられてYou-Tubeで見た。
鳥肌が立った。
これをショートプログラムにすればいいのに、と誰もが思うだろう。


鈴木明子リベルタンゴ
1分過ぎあたりから鳥肌が立ちます。
http://www.youtube.com/watch?v=CqIpiZmojaE


鈴木にタンゴを勧めたのは高橋大輔らしい。
アルゼンチンタンゴが似合う二人のデュオで踊る動画があった。
これを編集した人はセンスあるなあと思う。
これも後半が凄いっす。
http://www.youtube.com/watch?v=Y7vMxcAmg50&NR=1

こんなのも見つけた。
どこか外国の競技会の映像。
イントロは浅田が使っていたチャルダッシュ? かと思う。
しかし!
歌詞を知らずに聴くと演歌とは違うイメージになるのかも。
http://www.youtube.com/watch?v=oJ-ZCTudYms