2012/2/26 ねこカフェで朝食を

朝、目覚めたらネコが11匹いた。
日記の更新が間に合わない。
のんびり生きている。


昨日は京都呑み。
終電に間に合わないとホテルに3カ所ほど電話するが予約が取れず困っていた。
飲んでいたバーの女主人が、ねこが嫌いでなければ、とねこカフェを紹介してくれた。
知花さんもいつも飲んで遅くなった時には泊まっているらしい。
オキナワのおじさんとセルジオと僕、おっさん3人とねこ11匹で一夜を過ごしたわけ。


9時過ぎに起きる。
10時前に女主人が来て珈琲を淹れてくれる。
ねことモーニングコーヒー
な〜んかいいね。
ねこは勝手に遊んでたり、すりよってきたり。
こういうのも癒しなんですね。


てんも遊んでもらいました。


11時過ぎ、知花さんと別れ、セルジオを京都を歩く。
三条の『王将』で餃子と焼きめし。
僕は阪急、セルジオは京阪で帰る。



東京マラソンはニュースで見た。
藤原新が日本人トップ、7分台で走ったらしい。
日本人ランナーがあの無敵の皇帝ゲブレセラシエを抜くシーンは衝撃だった。
あえてチャレンジした川内くんは14位に沈む。
福岡国際で日本人トップだったが本来は東京がターゲットだったのだろう。
たまたま前哨戦で走った福岡で勝ってしまった。
タイムは満足できるものではなかったし、東京ではイケルと判断したのだ。
無所属ランナーと市民ランナー(公務員)。
僕は自由業なのでエリートではない彼らのことは他人のように思えない。
藤原新は変わり者でウォーミングアップをほとんどしないらしい。
いろんな会社の行事とか激励会とかも出なくて済む。
実業団の選手ならそうはいかなかったかもしれない。
長距離ランナーってアラン・シリトーが描いたように本来そういう人間。
この先、どうなっても自分の責任なのだ。


川内のチャレンジ失敗は残念だった。
もちろん戦略的に不出場も選択にあったと思う。
でも、やらずに後悔するより、やる選択をしたのだ。
僕はことしの念頭にこんなことを書いた。
http://d.hatena.ne.jp/shioshiohida/20120101/1325377358
迷ったらGo!
でしょ?
競技者としての成否は僕には判断できないが、人生への態度、原則として僕は指示する。
それがうまくいかないことも含めて。


…ヒヤシンスが咲いた。
いつもはアイボリーだが今年はピンク系。
部屋に香しい春の匂いが漂っている。
強くてむせかえるくらい。