2012/3/21 時代は連なりはじめる

阪神香櫨園から阪急夙川駅まで歩く。
その途中に沈丁花が花を咲かせていた。
近づくと早春の香りが鼻腔をくすぐる。
いつもなら咲き終えている季節なのに、今から咲こうとする蕾がいっぱいだ。
「淡き光さす俄雨、やさしい面影の沈丁花」(松任谷由実「春よ、来い」)
毎年、沈丁花が咲くたびにこの歌をくちずさむ。


朝は球春。
3塁アルプスは開幕試合の鳥取城北応援団。
こうして見るとアルプスは広い。


こいつらの引率。


ダル対決。
春の寒さに震えながら観戦しました。


義足の大魔神が手術、神戸六甲へお見舞いに行く。