2012/5/31 美しき五月の晦(つごもり)

午後から神戸三宮往復、戻ってさらに甲子園往復。
フルマラソンくらいの距離を走りました。
自転車ですけど。


美しき五月のつごもり。
なのに世間ではやりきれないことばかり。
大飯原発再稼働と生活保護者バッシング。
この夏の節電目標を大々的にアナウンスしたあげくに当然のように再稼働宣言。
結局、このままだとうちの会社が儲からないのでええかげん動かしまっせ、だったのだ。
嫌でも僕らは関電に金を払わなければいけないのだ。
抵抗してるかに見えた大阪市長もいとも簡単に馬脚を現す。
こいつが中央政界に出たらどうなるかは推して知るべし。
あとに残ったのは起立条例と補助金の削減だけだったりして。
そして、生活保護へのバッシング。
問題があるのは事実だけど矛先が違う。
より犯罪的な組織的貧困ビジネスは放置されたままか。
「メディアが騒ぎ、自民党が取り上げて、(民主党)政府がそれに乗っかっていくという恐ろしい状況になりつつある」
悔しいかな、こういう世の中の嫌な流れと戦う術を知らない。
「ゆずれるものとゆずれないもの」
2月に京都で飲んだ知花昌一さんの言葉を思い出す。
怒りとため息の2012年5月末だ。


明日から神戸オクトーバー・フェスト(ビール祭)が開かれる神戸東遊園地にて。
6月にオクトーバー・フェスト?
最近はこのイベントが各地で開催されているようです。
http://www.gnavi.co.jp/prt/hyogo/kobe_oktoberfest/beer/
  


イリアム・メレル・ヴォーリズ巡礼。
神戸元町にもヴォーリズ建築事務所の作品がありました。
1929年(昭和4年)竣工の旧ナショナル・シティバンク神戸支店。
現在は大丸の店舗となっています。
ギリシャ風の円柱が銀行だったことを物語ります。
アメリカン・ルネッサンス様式というそうです。

  


僕にとっては馴染みのある見慣れたビル、これがヴォーリズ設計だとは知らなかった。
元メジャーリーガーの長谷川滋利の番組でこのビルの前を本人に歩いてもらいました。
  


シネリーブル神戸で映画を見る。(別のエントリー参照)
5時半、元町の『金時食堂』で瓶ビールを飲む。
秋刀魚の開き、板わさ、ミニご飯・豚汁で1140円也。
ここは昔よく来た店です。
全然変わっていない。
看板娘さん(今はおそらく五十代?)が見当たらない。
ちょっと淋しい。


自転車で43号線を20キロ東へ走る。
甲子園では交流戦阪神-千葉ロッテを5回から観戦する。
ドラ1ルーキー藤岡とレフトスタンドの生声だけの応援が素晴らしい。
7回、藤岡とブラゼルの対決は見応えがあった。
結局、藪田がブラゼルに打たれてサヨナラ。
このシーンは帰宅後でした。