2013/12/3 特別じゃないけどシアワセな一日

初冬のやわらかな陽に燦めく海。
どこか遠い土地の景色みたいだけど…西宮浜です。
自慢のジョギングコースから撮った1ショット。
5キロを27分くらいで気持ちよく走れました。


  


写真家 星野道夫さん(1996年没)の大好きなことば。


  結果が、最初の思惑通りにならなくても、
  そこで過ごした時間は確実に存在する。
  そして、最後に意味をもつのは、結果ではなく、
  過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。


ああ、またアラスカ一人旅したいな。
還暦になったら行こうか。
旅費貯めないと。 


冬でも咲く海辺の花園。
こんな道を走ります。
  


アシックスのファミリーセールで買ったオレンジイエローの憎い奴。
  



…毎日遊んでるみたいですが遊んでます。
朝走って、午後から1000円散髪。
担当してくれたのは70くらいのおばあさんでした。


夜は生島淳さんのお誘いで、大友良英 with あまちゃんビッグバンド@グランキューブ大阪 です。
ドラマのサントラ版を生で聴くという趣向。
これが意外といいんです。
映像がない分、ドラマの使用曲のイメージが自由にかきまわされて、
あまちゃんのワンシーンや、北三陸の風景が浮かんでは消え、
まるで自分自身の過去の思い出のように感じられて目頭が熱くなる。
トシなんですかね。


オープニングテーマで始まりオープニングテーマで締める。
わかってらっしゃる大友さん、って感じです。
「希求」「タイム」「灯台」「海」あたりは題名は初めて聞くのに、
耳に残ってるメロディー、こういう体験は初めてでした。
大友さんのギターも聞けて良かったです。
「その街のこども」のテーマもやってほしかったな。


  


  



飲み食いもしてます。
コンサート前はリーガ・ロイヤルの地下にある「今井」。
さすが出汁(ダシ)の今井です。
きつねあんかけうどんが絶品でした。
ダシのきいた黄金色の餡に、味のしみた揚げが2枚、
たっぷりの生姜が添えられて、暖まる。
木枯らしの日にでもまた食べに行きたいなあ。


コンサート終了後は天神橋一丁目「よしむら」さん。
大阪城を走り終えた編成マツモト氏と合流。
きょうのよしむらさん、出てくる酒肴がすべて美味しい。
いつも美味しいんですが、特別に…です。
突き出しの小松菜の煮びたしから、ねずみ大根のじゃこおろし、
さわらのお造り、絹ごし豆腐の冷奴(阿倍野の豆腐屋さん直送)、
雉子肉焼き・じゃこおろしリターンズ、鯖のへしこ、
ねずみ大根おろしの出汁茶漬けで締め。
なぜか辛味大根のおろしたのばっかり食べる。
シャキっと身体を刺激するんですよね。


   


カウンターでひとりで飲んでられた女性が
拙ブログ「ぷよねこ減量日記」の読者だったと彼女が去ってから知らされる。
今日は特別じゃないけど、な〜んかシアワセな一日でした。